blog index
中国ジュニアスプリング大会
中国ジュニアスプリング大会
(中国ジュニアランキングポイント対象大会)

日時:3月29日〜31日
会場:尾道市 びんご総合運動公園

冬期からのクリスマス大会,ウインター大会に続き、中国ジュニア大会の今年度を締めくくるスプリング大会が開催されました。
    
今大会は予選、本選で行われ、予選では中国大会をなかなか経験できない選手も多く出場することもできましたニコッ

本校選手の主な結果

優勝王冠 星木 昇(2年)拍手
    
冬期からの中国ジュニア3大会を全て優勝し3冠達成です王冠王冠王冠 最低限、この3大会は全て優勝すると自分に課していましたので有言実行となりました。今大会も決して無理をせず落ち着いたプレイを続けていきました。本来のポジションを下げてプレイをしていまいリズムを崩したゲームもあり課題は残りましたが、自信を持って打ち抜いたショットがもっと増えて安定感を増していけば、相手にとってもっと脅威となるストロークになると思います。今後、新学年となって重圧がかかる試合もありますが、自分のテニスをしっかり貫いてもらいたいです。

ベスト4 橋本翔弥(2年)     ベスト8 山本 新(2年)
    
橋本、山本ともに試合の想定、イメージを持ち作戦を立てて試合に挑んでいました。しかし、両者ともに負けた試合では、その策に凝りすぎたのか、引き気味のプレイが多くなり精彩を欠きました。前回大会で決勝まで進んだ橋本はリードされる中でも挽回する粘りはついてきたものの自分がリードし引き離したいところでのしつこさが物足りませんでした。両者ともに中国大会で安定して上位へ進出する力はついてきました。勝負の年を迎える来季は、今の壁を越えてもらいたいです。

上位へ進出できなかった選手達も、全国選抜大会をひとつ経験したことでプレイや考え方も少しずつ変わったように感じました。そして、個々が、勝つために何をすべきかと考え、勝つために足りないものは何かを感じることもできた大会になったと思います。
    
今大会の終えて、いよいよ新学年になります。それぞれの立場を考え、その立場でどうあるべきか。そして、何をすべきかを明確にして、勝負の年を迎えてもらいたいと思います。
| ridaifutennis | - | 23:47 | comments(0) | - |
全国選抜高校テニス大会
第39回 全国選抜高校テニス大会
日時:3月20日〜26日
会場:博多の森 テニス競技場

21日に開会式が行われ開幕しましたエクステンション
(団体戦:シングルス3+ダブルス2=5本勝負)
本校の初戦は2回戦で、1回戦を勝ち上がった強豪校の東京学館浦安(千葉)と対戦しました。
    
2年前の今大会で準々決勝で対戦し激闘の末に勝利できた相手です。今大会も大変タフな試合となりました。

シングルスNo1 星木 昇(2年)〕
    
本校のエースとして成長してきた星木でしたが、さすがに初戦とあってゲーム序盤から固さが見られました。対戦相手は1回戦で1試合し、本校は初戦、しかも初戦は1セットの短期決戦とゲームの入り方が大事なところでしたが1−4とリードを許す展開となりました。しかし、落ち着つたラリー戦に持ち込み4−4と追いつき逆転する流れをつかむも最後に一押しすることができず4−6と落とす結果となってしいました沈

ダブルスNo1 橋本翔弥(2年),小野蒼太(2年)〕
    
昨年の大会も経験したふたりをNo1ダブルスに起用しました。ここに至るまでの練習試合でもなかなか結果を出せずにいたペアでしたが、何とか勝利を挙げようと二人のプレイがここにきて噛み合いを見せ始めました。特に小野がこれまでない高い集中力でボレーミスをせず最後まで強気な姿勢を崩すことなくプレイを続け、橋本も気負いがあったものの落ち着いたラリー戦をするなど、ここまで我慢強く起用し続けた成果をここで発揮し6−4と1勝を取り返しましたニコッ

シングルスNo2 山本 新(2年)〕
    
昨年も出場しましたが、自身が1勝をあげることができずに終わった苦い経験をもとに、しっかり準備をして臨みました。多少のリキみもありましたが、力をつけてきた安定したストロークで主導権を取っていき、要所でもネットプレイでポイントを取るなど、これまでの取り組みをコートの中で発揮することもできました。自分がやれる事をしっかりやり切り6−1と勝利し、団体戦の勝利へリーチをかけました矢印上

ダブルスNo2 松尾 雅(2年),合田 渚(1年)〕
    
全国大会初舞台の二人が挑みました。立ち上がりをしっかり集中して入り、中盤まで互角の攻防を繰り広げていきました。後半にやや試合の経験値の差が出てきたのか、相手の積極的なプレイに対して精彩を欠いて要所でのミスなどで後半をリードされました。ここから最後に踏ん張りたいところでしたが、焦りとリキみから狂った歯車を修正できず自分たちのミスで試合を終わらしてしまいましたムスっ全国未経験の二人だっただけにもっと自ら経験をしに積極的にプレイして欲しかったですが最後は消極的になってしまいました沈
団体戦の勝敗は2−2となりシングルスNo3へともつれ込みましたお願い

シングルスNo2 加藤博夢(1年)〕

全国大会で初めての団体戦の試合が、大きく重圧のかかった試合となりました。このような状況を想定はして取り組んではいたものの、やはり実際にかかる重圧は相当なものとなりました。全く気持ちに余裕が持てず全てのショットに力が入りすぎました。しかし、それは相手校の選手も同様でした。お互いが本来の力が発揮できない中で意地を出し合い、勝ちたい気持ちだけで必死に打ち合っていました。加藤が我慢したプレイを続けリードしていく展開でした。が、しかし終盤にさしかかった所で、追われる立場から守りに入ってしまい単調になったところを、逆に相手は懸命に攻撃をしかけてきました。そうなると流れは完全に相手に。最後の最後で逆転を許し、チーム自体も逆転での敗戦となりました・・・

初戦から非常にタフな試合となりました。もつれにもつれた試合、これまでの勝ち上がることができた大会でも全てがこの試合のような接戦を泥臭く勝利をものにしてきました。しかし、今大会では、そんな本校らしいタフな試合展開でしたが、粘り強さ、しぶとさが足りない敗戦となりました。
しかし、本校に勝利した対戦校は、そのまましっかりベスト4まで勝ち進んでくれました。これは今大会でも本校も上位進出する力は十分にあったという証明にもなりました。
このことも踏まえ、今大会で力及ばなかったところをしっかり見つめ直し、勝ち抜くために足りなかった力をつけて、夏の舞台で目指すところへ再挑戦をしたいと思いますエクステンション

【個人戦】(各校No1選手が出場)
団体戦で早々に姿を消してしまった選手たちは、個人戦だけも本校の名前を消すまいと、個人戦ながらチーム一丸となって試合に挑み、出場した星木 昇も本校のプライドをかけて試合に臨みました。

一試合一試合をしっかり勝ち抜き、ベスト8(10)まで進出し健闘していきました。日本代表の枠まであと一歩と見えてきたところでしたが、最後に本来の力を出し切れずに敗退しました。強力なストロークは十分に全国で戦える武器となっています。夏に向けてその武器に自信を持って戦えるよう強くなってもらいたいです。

団体戦、個人戦ともに夏の全国大会に向けての闘志により火をつけられる結果となりました。目指す舞台へ立つため、この敗戦からしっかりリスタートします手
| ridaifutennis | - | 23:20 | comments(0) | - |
卒業式(送別会)・壮行会
卒業式(送別会)桜
日時:3月1日(水)

3年生が卒業式を迎えましたき
学校での卒業式を終えて、テニスコートへ集合し、テニス部の送別会を開きました。
保護者の方々が準備してくださった食事をみんなで頂きましたランチ
    
先日に学校で行われた表彰式で受賞した総長賞や優秀選手賞等を再度、テニスコートでも後輩や保護者の前で披露するため部内での表彰式も行いました。
そして、後輩からのメッセージや卒業生から後輩へ向けての贈る言葉など一人ずつ話をしていきました。

そして、恒例の卒業生から保護者へ、高校3年間を含む18年間の感謝の『手紙』を保護者の前で読み、手渡ししましたニコッ
卒業生からの保護者への感謝の言葉や、後輩達の前での話の内容からも3年間の成長が見ることができましたニコ
3年間をそれぞれの思いでやり切ったとこで、その表情にも自信が溢れ出ているようにも見え、一回り頼もしくなった姿へと成長していました。ここ理大付で培い身に付けたどんなことにも負けない強い精神力で、それぞれの進路先でも活躍してくれることを期待しています桜

壮行式
日時:3月7日(火)
卒業式も終わり、1,2年生たちはいよいよ全国選抜大会へ向けてギアを上げていく時期になりました。
この時期の恒例行事、全国選抜大会へ向けての『壮行式』を行いました。
保護者の方々が用意してくださる『勝つ(カツ)カレー』をご馳走になり、一人ずつ応援してくださる保護者へ決意を述べました。
    
全国選抜大会も近づいてきました。福岡の地で力を発揮できるようにこれからの期間も頑張っていきますエクステンション
| ridaifutennis | - | 13:47 | comments(0) | - |
中国ジュニア ウインター大会
中国ジュニアウインター大会
 (中国ジュニアポイント対象大会)
日時:1月21日22日
会場:宇部マテ“フラッセラ”テニスコート

冬期に行われる中国ジュニアポイント対象大会の2大会目です。本校からも多くの選手が選考され出場できました。

本校選手の主な結果


優勝王冠 星木 昇(健康スポーツ2年)
    
冬期のジュニア大会で前回のX'msトーナメントと合わせ2冠です拍手サービスゲームでは、球種・スピードに変化をつけて組み立てることで全試合で1度もブレイクされない安定感を見せました。またラリー戦でも、武器となるフォアハンドストロークを軸に安定したプレイスメントで主導権を取っていきました。強力なフォアハンドに磨きをかけており今もまだ発展途上中です矢印上

準優勝 橋本 翔弥(健康スポーツ2年)undefined
    
これまでも上位進出のチャンスがありながらチャンスを逃し、もがいていた橋本でしたが、準々決勝からの上位シード勢との対戦では、自分が出来るプレイを粘り強くできました。これまでとは違い、しっかりと相手と向き合い、ポイントを取るイメージを作ってプレイし、それをしつこくやり続けていけたことが勝機を生みました。要所での凡ミスで流れに乗り切れない課題もありましたが、シングルスでは自身初の決勝進出を果たしましたグッド

ベスト8 山本 新(健康スポーツ2年)   加藤 博夢(健康スポー1年)
    
両者とも2大会続けてのベスト8です。ここをひとつ勝ち上がるチャンスをモノにできずにいますが、力がないわけではありません。今大会、加藤は星木との同校対決で敗れました。山本は自分の戦術的な失敗もあり、肝心なところで流れを作れなったことが敗因になりました。両者とも試合内容は良くなっていますので、失敗した箇所をよく見直して今後の大会につなげてもらいたいです。

上位進出を逃した選手たちも自分達のスキルは向上していました。
    
良いプレイも随処にみることもできました。しかし、そのプレイをしつこくやり続けられないことへの力のなさを感じました。根本的な粘り強さが足りません。
    
勝つための意地や負けん気、その試合をものにしたのであれば、そのための考えや工夫が出るはずですが、プレイでは表現されていません。敗因は個々に違いますが、なぜ勝てていないのか根本的なものをもっと真剣に振り返って取り組んでいかないことには、今の層からは抜けられない思います。
| ridaifutennis | - | 23:42 | comments(0) | - |
ニューイヤー選抜高校団体対抗戦
ニューイヤー選抜高校テニス団体対抗戦
日時:1月4日〜6日
会場:アオノテニスリゾート(兵庫)

年明け恒例の「ニューイヤー選抜高校団体対抗戦」に参加させていただきましたニコ
春の全国選抜の出場校をはじめ各地域を代表する高校が多く参加されました。試合は全国選抜の団体戦形式のリーグ戦で行われました。

他校との数多くの対戦で、選手も多くの試合をすることができ、本校としては、この冬場で取り組んでいくべき課題を見つける良い機会となりました。
秋からの地区予選で、取り組んできたことの再確認ができ、また、他地区の強豪校と対戦するために現状で何が力不足かも改めて感じることもできました。

そして毎年、主催の先生方や施設の方々のご好意で、早朝練習と夜間練習をさせて頂いています。

試合での反省をしっかり夜間練習で修正するなど、丸一日かけて試合と練習をすることができました。
早朝練習・日中での試合・夜間練習と3日間やり切りましたエクステンションまさにテニス漬けの日々で新年をスタートさせましたエクステンション
ここで頑張ったことを、来春からの大会に向けて、しっかり継続していければと思いますニコ
| ridaifutennis | - | 23:37 | comments(0) | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ