blog index
<< ニューイヤー選抜団体対抗戦大会 | main | 全国私学高等学校テニス選手権大会 >>
中国ジュニアテニス ウインター大会'20
中国ジュニアテニスウインター大会
中国ジュニアランキングポイント対象大会
日時:1月18日(土),19日(日)
会場:山口維新記念運動公園

前回のクリスマス、ウインター、スプリングと来年度へ続く中国ジュニアの3大会のひとつであるウインター大会が開催されました。
今大会は中国ランキングで選出されての出場となります。

【本校選手の主な結果】

優 勝 藤井 悠人(スポーツサイエンス2年)
前回のクリスマストーナメントに続き2大会連続の優勝を果たしました
落ち着いたゲーム展開で決勝まで勝ち進みました。そして、決勝戦では攻撃的な自分らしさを全面に出してのプレイでした!が、ショットは荒れていました。。攻撃起点となるフォアハンドでの得点と失点の繰り返し。結果、フルセットでの勝利でしたが、1セット目は2−5からの逆転、2セット目はあっさりと奪われ、3セット目も流れを引き寄せられないままでの勝利。自分にストレスをかける内容でした。
なんとかでも、連続で優勝できたことは力をつけてきたと言えます。しかし、内容を分析すると全国へ出ても上位を狙うには厳しい内容だったと思います。

ベスト4 井戸垣一志(スポーツサイエンス2年)
持ち味の粘り強いテニスを発揮して勝ち進みました。今回は特にこれまでの自分のペースと違う早いペースでのテニスも取り入れていくことができていました。勝ちきれた試合はそれがいいようにハマッていたのですが、敗退した試合では、相手に合ってしまうペース、リズムになってしまうペース配分の失敗が響きました。遅い、早いとどちらかのペースに一定になっていまうのもこれからの修正点として残りました。

上位進出できなかった選手も順位決戦の試合の中で、色々なことに気づくことが多くあったように思えます。
女子で出場した角南瑠衣藤原加那は前回大会よりも順位決定戦ラウンドをひとつ上げることもできたこも良かったですが、前回大会、今大会で対戦した上位選手達との試合の中で「学んだ」ことを実践していたこともとても収穫があった大会となりました。
    
男子の藤岡山口伊藤片山はそれぞれの課題がはっきり見えたと思います。しかし、敗退した試合の内容というより「負け方」に問題を感じました。本人達にもこの物足りなさに気づいてもらいたいところです。

勝敗、結果に限らず、内容、反省点と今後につながる大会になったと思います。しかし、これを本当に今後につなげられるか、自分たちの取り組み方も大きく左右すると思います。特に2年生は、来春までに力を蓄える大切な時期ですし、のんびりもできません、頑張ってもらいたいと思います。
| ridaifutennis | - | 23:24 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ