blog index
<< 中国ジュニアテニス選手権大会 | main | 19’全日本ジュニアテニス選手権大会 >>
南部九州インターハイ
南部九州インターハイ
日時:8月1日〜8日
会場:宮崎県 KIRISHIMAヤマザクラ総合運動公園

全国高校総合体育大会、夏の最高峰の大会が南国の熱い日差しが照りつける宮崎県で開催されました。

【団体戦】(複1試合+単2試合=3ポイント制)
今年も全国上位進出をめがけて取り組んできました。3年生としてはその成果を発揮する最大の試合です。
応援生徒も宮崎に駆けつけました!
    
本校は2回戦が初戦となり、本校の試合開始は夕方にさしかかっていました。

[ダブルス]

毛利海朗桑原樹のペアを起用しました。立ち上がり、軽快な動きで悪くはなかったものの、ゲームポイントを取っては取り切れないゲームが続き、完全に流れは相手ペアに...1−6と完全に引き離され、そして、3−7で相手にマッチポイントまで追いつめられました。しかし、このポイントをしのいでからでした、追い上げムードの波に乗ると相手ペアのミスにもつけ込み一気に逆転し、大逆転勝利ダブルスで先勝することができました。

[シングルス]
No1に藤井悠人、No2に橋田涼平を起用しました。
    
相手No1は関東大会等で優勝した強敵でしたが、しっかりキープを続けていき5−5まで一進一退の攻防が続いていましたが、この試合からは夕方からの試合で審判制ではなく、セルフジャッジになっていました、5−5でのゲームでした、相手選手のジャッジ確認でポイントが動き、そこから藤井の弱さ、甘さが出てしまい、それまでの集中力を完全に失い、勝負あり。このような団体戦においてワンプレイで崩れてしまう致命的な失敗をしてしまいました。
勝敗のかかったNo2のシングルス、序盤は主導権を握っていたものの、ゲームを離せそうなところを取りきれず、中盤以降には自分のミスで流れを変えてしまい逆転を許し、終盤の追い上げに粘っていきましたが、要所でのミスが響き敗戦...チームも敗退となりました・・・。

団体戦においては、一昨年までの好成績を追う意識になってしまったのか、自分たちのプレイをしっかりやり通す肝心なしぶとさが陰を潜め、本校の団体戦の本領を発揮できず夏の団体戦を終えることになりました。
しかし、今年の3年生たちの成長には大きなものがあったと思います。中学時に目立った戦績もない選手達がこの舞台に立つまで勝ち抜いてきたことは自信を持って良いと思います。ただ、この舞台で勝ちきることが出来なかったことは残念でした。

【個人戦】

個人戦「シングルス」に出場した2年の藤井悠人は、団体戦敗退の反省を胸に、個人戦に臨みました。初戦は固さが見られましたが、落ち着きを取り戻すと力強いラリーで戦っていきました。ベスト32に進出しましたが、もうひとつ足りない安定感から、あと一歩、勝ち上がれない結果となりました。

「ダブルス」には、団体戦でも活躍した毛利桑原が出場しました。いつも通り?やはりこのペアはすんなりとはいけません。試合日の未明から台風が宮崎県を直撃...宿舎のホテルも早朝から暴風の揺れ、停電に断水とライフラインを断たれる不測の事態に、それでも午後からの天気の回復で試合が開始、会場までの移動手段の高速道路も通行止め、このペアには試練がつきものです。試合も初戦からすんなりとはいきませんでしたが、なんとか勝ち上がりベスト32へ、次の試合も強豪校のペアと一進一退の攻防で勝負の行方はタイブレークへ、前半リードし流れをつかみ一気に勝負かけにいったポイントで、、、痛恨のチャンスボールミス、このワンプレイが勝敗を分ける結果となり、敗退。1ポイント、そして1球の重みを改めて痛感させられました

今年のインターハイは上位に進出する結果を残せず残念ではありましたが、出場した選手達には、ここでの経験を次のステージに生かしもらいたいと思います。
| ridaifutennis | - | 12:13 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ