blog index
<< インターハイ岡山県予選 【個人戦】 | main | 全日本ジュニア選抜室内 県予選 >>
中国高等学校テニス選手権大会
中国高等学校テニス選手権大会
日時:6月15日(土)〜17日(月)
会場:尾道びんご総合運動公園

中国各県の総体での、上位校、選手が出場する中国高等学校テニス選手権大会が開催されました。

インターハイの出場を決めた高校、選手を含めた各県の上位選手での熱い試合が繰り広げられました!
    
【本校の主な結果】
団体戦
岡山県の優勝校として、中国地区での優勝を目指して万全な準備で臨みました!

大会初日には激しい雷雨のため、中断、待機が長く2回戦からの本校は、朝の来場から、初戦の試合に入ったのが、17時を過ぎと、長丁場でしたが、選手達のその時間も、しっかしと初戦の準備をしていました。試合へ対する取り組みも良くなったと思います。
    
順調に勝ち進んだ決勝戦は、岡山県勢同士の決勝、しかも県大会の決勝と同じ伝統の一戦となりました。
    
大会初日の雨天の影響で、全試合が1セットマッチに変更になってため、短期勝負として、序盤からしっかり集中していきました。県予選決勝と同じオーダーで挑んだ本校でしたが、それぞれがしっかり役割を果たしました。
ダブルスは、流れをつかんでは、自分たちでそれ断ち切るリードしたら追いつかれの展開で5−5までもつれましたが、同時進行のシングルス1,2ともに流れを掴むと一気に6−2と勝負を決め、2−0と勝利し、優勝を決めました。

昨年度は手放した優勝カップを今年は手にしました

個人戦
    
<シングルス>
優勝 藤井 悠人(スポーツサイエンス2年)
ベスト4 橋田 涼平(健康スポーツ3年)
ベスト8 桑原 樹(健康スポーツ3年)
<ダブルス>
優勝 橋田 涼平藤井 悠人
2位 桑原 樹毛利 海朗
ベスト8 池畠 大生岩本 尚起(健康スポーツ3年)
    
藤井が団体戦を含め3冠を達成しました。本校としては一昨年前まで数年続いてた全種目制覇を再び達成することができました

ダブルスも同校同士での決勝になるなど、多数の選手が上位へ進出し活躍することができました。
この勢いでインターハイへ挑んでいきたいと思います!!
| ridaifutennis | - | 23:46 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

bolg index このページの先頭へ