blog index
<< 第41回全国選抜高校テニス大会 | main |
中国ジュニア スプリング大会
中国ジュニアスプリング大会
日時:(予選)3月29日
   (本戦)3月30,31日
会場:尾道びんご総合運動公園

中国ジュニアランキング対象大会となる大会です。今大会は予選・本戦方式で行われ、本校からも中国大会等の経験の少ない選手達も多く出場しました!

【予選】
本校で予選から出場した選手は先日の全国選抜では応援だった選手達です。これまでも本校のメンバー達との差を埋めるべく頑張ってきました!その成果が見られる試合が多くありました。

中でも活躍が光ったのは、高校からテニスを始めてまだ1年の藤岡拓実(スポーツサイエンス2年)でした。中学時代はソフトテニス経験の経歴でテニスを本格的に始めたの本校に入学してからでした。チームメイトからも驚かれる成長ぶりで、予選を勝ち抜き本戦へ進出しました!!
このような選手がこれが理大だと言わんばかりに活躍していくことも本校らしさです!

【本戦】
全国選抜のメンバーは本戦ストレートインでした。全国選抜での敗戦のショックを切り替え、しっかり前を向いて戦おうと挑みました!
まだまだ、気持ちとプレイが咬み合わず勝ちきれなかった選手もいましたが、チーム全体で前向きに戦えていたとおもいます。その中でも、これまで上位層には名前を連ねていかった安藤百次郎(健康スポーツ3年)が、2回戦で第1シードと倒すと勢いそのままにベスト4に進出する飛躍を見せました!準決勝での、同校対決で敗れはしましたが、チームメイト達には良い刺激になったと思います。
そして、今大会では、初戦からしっかり安定して力を発揮してきた本校の2名による同校での決勝戦となりました。
対戦は、前回のウインター大会から2大会連続での、藤井悠人(スポーツサイエンス2年)VS橋田涼平(健康スポーツ3年)の決勝戦です。
そして、前回同様に勝敗の行方はファイナルセットへ・・・軍配は力強いストロークで押し切った藤井にあがりました!!

優勝 藤井 悠人  2位 橋田 涼平 4位 安藤百次郎
藤井自身、中国大会での2大会連続での優勝となりました。このプレイが安定して、しっかりとした自信をつけてもらいたいと思います。

今大会を通じて、新学年になるこの時期を迎え、選抜の敗戦からまだまだ調子が上がってこない選手達もいましたが、予選で戦った選手達の成長も含め、今大会の結果自体は明るい兆しとなったのではないかと思います。
新年度も迎え、また新たなシーズンが始まります!しっかり前を向き、志を高く上を目指して頑張ってもらいたいと思います。
| ridaifutennis | - | 19:43 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ