blog index
<< 中国ジュニアテニス ウインター大会'19 | main | 2月遠征 >>
全国私立高等学校テニス選手権大会
全国私立高等学校テニス選手権大会
日時:(個人戦)1月24〜25日
   (団体戦)1月26〜27日
会場:三木ビーンズドーム,神戸総合運動公園

私立高校の各地域の予選を勝ち抜いた代表選手、代表校が出場しての大会です!


個人戦(シングルス)】
中国地区の代表として、橋田涼平(健康スポーツ2年),藤井悠人(スポーツサイエンス1年)が出場しました
    
橋田は2回戦で関東代表の選手に敗れはしましたが、敗者戦では勝ち進み他地区の選手相手にも力を発揮できるようにはなってきました。
藤井は1回戦から乱調...ゲームは粘り強く接戦を勝ち抜きベスト16へ進出しましたが、調子は上がらずここまででした...

団体戦
私学大会の団体戦形式は「ダブルス2本+シングルス1本=3ポイント制」です。
3月の全国選抜大会へ出場する上位有力校も多数出場されています。また、順位戦も充実しているので対戦数も多く充実した大会です。
    
本校は、関東、北信越などの学校と対戦していき、安定した力が発揮でき、準決勝へ進出しました。
    
準決勝でも関東代表の学校と対戦。シングルスをあっさりと先取されたものの、ダブルスの2試合が接戦を7-5,7-6と辛勝で決勝へ駒を進めました!!
    
決勝戦は、地元兵庫県で今大会も連覇中の強豪校との対戦となりました。その強さも分かっており難しい試合になることは想定されていました。ゲームの出だしから試合の流れを左右するゲームが続きましたが、そこを取りきれない力弱さと取らせてくれない相手の力で、じょじょにゲームも離されていきました。傾いた流れを変えたいとこですが、本校らしさの粘りも顔をひそめ、ダブルス2試合がそのままゲームセット...決勝での敗退となりました。
結果は『準優勝』となりました!!

    
今年のメンバーは昨年の大会を経験した選手が半数を占めており、昨年は準決勝で敗退した後の順位決定戦で失速した経緯があっただけに、昨年を上回る結果には進歩といえるます。しかし、決勝の舞台で力を発揮できなかったことは大きな反省点だといえます。まだまだ「強さ」の物足りなさを痛感しました...
また、大会が隣県での開催ということもあり、メンバー以外の生徒も観戦に行きました。何かを感じ、学ぶこともあった思います。チーム全体で今大会の経験もしっかり上乗せしていってもらいたいと思います!
| ridaifutennis | - | 10:19 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ