blog index
<< 国体 岡山県予選 | main | 全日本ジュニアテニス選手権’18 >>
東海インターハイ
全国総合体育大会(インターハイ)
日時:8月1日〜8日
会場:四日市 霞ヶ浦テニスコート、四日市ドーム

夏のメイン大会のひとつ!インターハイが三重県四日市市で開催されました!
男子の試合は、新設されたハードこーとの霞ヶ浦テニスコートで行われました

団体戦では、3年連続でベスト4に入賞しています本学は、それ以上の成績を目標に今大会にも挑みました

団体戦
シード校として2回戦からの試合でしたが、実績のある選手が所属する東京の代表校との対戦となり、初戦からが山場でした。
本校はダブルス桑原 樹藤井悠人の2,1年生ペアを起用しました。
2人のプレイがしっかりかみ合い流れをしっかりつくり勝利して先勝しました
シングルスの2本はNo1に加藤博夢,No2に合田 渚と3年生に託しました!
    
No1シングルスの試合は、対戦相手が過去に全中優勝など実績ある選手で、相手選手のショットのスピードや精度に中盤からジワジワとリードを広げられ追いつめられていきました。しかし、最後まで粘り強さで対抗していくと、徐々に流れが変わっていき驚異の追い上げを見せました。が、あと一歩、追い上げが届かず敗戦。しかし、本校のしぶとさを発揮して、本校に勢いがつきました。
勝敗1−1となったNo2のシングルスもその勢いそのままにリードしていきました。しかし、相手選手の粘りに離れそうで離れない嫌な流れになると、終盤で追いつかれ、しかも、試合時間も1時間半を経過し、消耗戦にもなりました。本来、ここで本校の力を見せつけたい所でしたが、要所要所でのミスに涙...
1−2と敗退となり、今年の夏の団体戦は上位進出となりませんでした...
強敵相手に本校の流れに引きずり込めたものもの、あと一歩やりきる強さが足りませんでした。この負け方をしっかり反省し、また一から出直します

個人戦
シングルスでは、加藤、合田が出場しました。加藤はリードしてむかえた後半にそのペースを崩してしまい、逆転で初戦で敗退...。合田は自力を見せベスト32へ進出するも、ベスト16へコマを進めるチャンスも作りましたが、あと一歩及ばず敗退となりました。
上位への進出を逃した団体・シングルス、このままでは終われない3年生コンビは、ダブルスでは、どの試合も接戦ながらも粘り強く戦い抜きベスト16と意地を見せました。
また、2,1年生のペアで出場した橋田藤井は1回戦から地元三重県のシード相手でしたが、善戦していきました。
    
終盤まで相手ペアのペースでリードされるも、粘り強く食らいついていくと最後の最後で追いつきます。しかし、追いついて追い抜く!ところで痛恨のペースダウン...この試合もあと一歩のところで敗退...。

今年のインターハイでは、これまでの土俵際の強さが発揮できず、全ての試合であと一歩を逃す結果となりました。
次週の全日本ジュニアへ修正し、また、それ以後の新チームの強化に向けて、今大会の結果を真摯に受け止めて、一から鍛え直していきたいと思います。
| ridaifutennis | - | 10:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

bolg index このページの先頭へ