blog index
<< 全国選抜高校テニス大会 中国地区大会 | main | OB会(2018) >>
中国ジュニアX'masトーナメント17’
中国ジュニアクリスマストーナメント
(中国ジュニアランキングポイント対象大会)
日時:12月24〜26日
会場:宇部マテ“フラッセラ”テニスコート

中国ジュニアの冬期の大会のひとつクリスマストーナメントが開催されました。
今大会は予選、本戦形式で行われ、本戦インの選手たちに加えて、これまで中国大会経験の少ない選手達も予選から出場することができました。
    
大会初日の予選では、本校の選手達の活躍が目立ちましたニコッこれまで個人戦で実績のなかった選手達がそれぞれの持ち味をしっかり発揮して各予選ブロックを勝ち上がっていき健闘しました矢印上
    
2日目以降の本戦には、予選を勝ち抜いた4名と本戦インの4名の選手を加えて8名となりました。
【本戦の主な結果】
ベスト4 加藤 博夢(健康スポーツ2年)  ベスト8 合田 渚(健康スポーツ2年)
    
順調に勝ち進んだ加藤でしたが、準決勝ではファイナルセットの末に敗退、尻上がりになりたいゲームの後半から終盤にかけてのプレイが尻つぼみになり、そこが課題となりました。合田もなかなか波に乗りきれない中でそこを打破するキッカケをつかめないまま敗退となりました沈

ベスト16
毛利 海朗(健康スポーツ1年)、桑原 樹(健康スポーツ1年)、池畠 大生(健康スポーツ1年)

本戦では、それぞれの選手が今一つ物足りない結果となってしまいました・・・これまでも実績の少ない選手達が、これまで頑張ってきて着実に力をつけてきているからこそ、勝つことに意欲も出て、しかし、それが結果に結びつかない苦しくもがく時期にきていると思います。
頑張ってきたことが、なかなか上手くいかないことへの歯がゆさや、頑張ってきたからこそ生まれるプレッシャーなどで思うようにプレイできないなどが試合の中で見えました。
何事も思うようにいかないことが当たり前です、その中でいかに考え工夫し力を発揮するかです。思うようにいかない時こそ、何ができるか!そこの思考力(選択、判断、決断など)や自分ができる事を増やすなど力をつけていってもらいたいです。
日頃からの訓練です!普段から、自分のどうあるべきか、それに対して、何をやるべきかをよく考えて取り組んでいって欲しいと思います。
| ridaifutennis | - | 23:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ