blog index
<< 中国ジュニアテニス選手権大会 | main | 全日本ジュニアテニス選手権’17 >>
南東北インターハイ
全国総合体育大会(南東北インターハイ)
日時:8月1日〜7日
会場:会津総合運動公園(福島県)

夏のメイン大会のひとつ!インターハイが福島県会津市で開催されましたエクステンション

【本校の結果】
[団体戦]
3年連続ベスト4(3位)拍手拍手拍手

まず初戦が大きな山でした。シード校として臨んだ本校でしたが、初戦で今春の全国選抜大会準優勝校との対戦でした。この一戦を勝利し勢いの乗りたい本校の選手達は出だしからしっかり集中していました。
    
それぞれがそれぞれの役割をきっちり果たしました。強敵相手に3−0のストレートで勝利し矢印上その後に勢いをつけました。3回戦・準々決勝も厳しい試合となりましたが、接戦をしかっり本校らしくものにして3年連続ベスト4進出を決めました。
    
    
ベスト4の壁を破る3年目の挑戦になった準決勝。ダブルスは1セットを先取するも、シングルスNo2を落とし、大黒柱のシングルスNo1の星木が5−7.5−7であと一歩がとどかず敗退となりました沈しかし、今春の全国選抜大会では初戦敗退を喫したチームが夏で飛躍できたことは素晴らしい結果だと思います。また、ベスト4で満足できず、その上を目指すチームにもなれたと思います。今大会も壁を破るチャンスは見えました。そのチャンスを掴む強さをこれからも探究していきたいと思います。

[個人戦]シングルス
星木 昇(健康スポーツ3年) ベスト8拍手
    
個人戦初日は男子シングルスの1〜4回戦を行うタフな日です。団体戦を最終日まで戦った選手はよりタフな一日となります。星木は一戦一戦ギアをあげていくかのように、試合ごとに強烈なサービスと強力なフォアハンドで相手を翻弄していき、タフな4試合を勝ち抜きました矢印上本校としても久々のインターハイでの個人戦ベスト8進出を星木が果たしましたエクステンションシングルス準々決勝は、ダブルスの日をはさんで、個人戦3日目でしたが、前日のダブルスも4試合を戦い、団体戦からの連戦も影響ありました。1セット目の接戦で落とし、星木の快進撃もここでとまりました。結果ベスト8でしたが、これ以上の上位進出も可能な力を持っていただけに残念でした。しかし、将来的にも楽しみな選手に成長してきたと思います。

[個人戦]ダブルス
星木 昇橋本 翔弥(健康スポーツ3年) ベスト8拍手
    
個人戦で、初めて全国大会に出場する橋本が星木とのペアで力を発揮しました。星木の力強いボールに対して橋本がリズムをつくりお互いの持ち味を発揮してベスト8へ進出しましたエクステンション最後の試合もチャンスは十分にありました、そのチャンスを取りきることができなっただけにダブルスも残念なベスト8といえます。しかし、今後に向けてのよい戦いが続けていけたと思います。

今年度のインターハイも上位へ進出する成果を出すことができました。これまでの選手達の努力や苦労して乗り越えてきたことが、この夏を戦い切れたことにつながった気がします。あと一歩進みたい所での敗退でしたが、今後に向けて自信を持っていってもらいたと思います。
そして、後輩達がこの続きをつないでいけるよう、また頑張っていきたいと思います。
| ridaifutennis | - | 10:56 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

bolg index このページの先頭へ