blog index
<< 全日本ジュニア選抜室内 県予選 | main | 南東北インターハイ >>
中国ジュニアテニス選手権大会
中国ジュニアテニス選手権大会
 兼 全日本ジュニアテニス選手権大会中国予選
日時:7月18日(火)〜22日(土)
会場:広島 広域公園テニスコート

全日本ジュニアテニス選手権大会をかけた中国ジュニアテニス選手権大会が開催されました。暑い夏と熱い戦いのスタートですエクステンション
    
本校からは16歳以下、18歳以下のシングルス・ダブルスに最多の15名が出場しました!

【本校選手の主な結果】
U18 男子シングルス
優勝王冠 星木 昇(健康スポーツ3年)

昨年の今大会での敗戦いらい、全ての県大会・中国大会で負けなしの優勝を続けてきました。高校最後となる中国大会も有終の美で飾りました拍手力強いストロークを主体として組み立てたプレイで勝ち進み、今ひとつ調子が上がらなかった決勝でもきっちりと勝利をおさめることができました。ジュニアとしての最後の全国の舞台に挑みます。全国での活躍が楽しみですニコッ

3位 山本 新(健康スポーツ3年)

これまであとひとつの壁が越えれず大事な一試合がものにできず苦杯続きでしたが、もがいていた時期を乗り越えて全国の切符を手にすることができました。プレッシャーのある中で最後まで自分のやることに集中できていたと思います。

ベスト8 橋本 翔弥(健康スポーツ3年)

準々決勝で敗れ、悲願のシングルスでの全国大会出場にはなりませんでした。自分の得意とするプレイに持ち込めずに波にのることが出来ませんでした。こういう時こそ底力を発揮できる強さを身につけてもらいたいです。

U18ダブルス
優勝王冠 山本 新加藤 博夢(健康スポーツ2年)
    
中国大会での初タイトルです!初戦から2人で声を掛け合い勢いのあるプレイを最後までやり続けましたグッド2人でできることに徹底したダブルスができたと思います。初の全国の舞台に挑みます。

準優勝 星木 昇橋本 翔弥
    
シングルスの敗戦から足の負傷もあり波にのれない橋本でしたが苦しい中で戦い抜きました、パートナーの星木もよく辛抱しながら試合を組み立てました。決勝こそ敗れましたが全国の切符は手にしました。全国での活躍に期待します。

ベスト8 田中 亮多(健康スポーツ3年)・岡田 星翔(健康スポーツ2年)

主将としてチームに貢献してきた田中が岡田とのペアで初の中国大会へ出場しました。初戦も苦しい試合となりファイナルセットのスーパータイブレークをものして勝ち進みました。

U16シングルス
準優勝 橋田 涼平(健康スポーツ1年)

初の中国ジュニア出場で、ノーシードからの快進撃でした!初戦でのシード選手と対戦に勝利すると勢いに乗り決勝まで勝ち進みました。初めての決勝の舞台でやや考えたプレイが裏目となりいまひとつ本来のプレイができず悔しい結果となりましたが、全日本ジュニアにも初出場できます。夏の飛躍に期待します。

ベスト8 毛利 海郎(健康スポーツ1年)

準々決勝、しかも全日本ジュニア出場のかかった一戦で、同校の橋田と対戦して敗退しました。思うようなプレイができず悔しいところですが、今後も切磋琢磨していってもらいたいです。

今年も全日本ジュニアテニス選手権大会に数名の選手が出場権を得ましたエクステンション出場することに満足せず、その上をしっかり狙っていってもらいたいです。
| ridaifutennis | - | 19:23 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ