blog index
<< インターハイ岡山県予選 【個人戦】 | main | 国体(少年)県予選 >>
中国高等学校テニス選手権大会
中国高等学校テニス選手権大会
日時:6月17日(土)〜19日(月)
会場:鳥取市コカコーラウエスト

各県インターハイ予選を終え、その上位選手が出場する中国高校大会です。
本校としても団体戦・個人戦の単複と全種目の3連覇に挑みますエクステンション

【本校の主な結果】
団体戦
優勝王冠3連覇エクステンション
    
不動のシングルスNo1のエース星木 昇(健康スポーツ3年)はその存在感を大いに発揮しどの対戦も早々に勝負を決め相手校へプレッシャーをかけ、準決勝、決勝ではシングルスNo2の山本 新(健康スポーツ3年)が辛抱強いテニスで勝負を決めていきました。ダブルスは県予選からいまひとつ調子の上がらない3年生ペアを変更し加藤博夢(健康スポーツ2年)を起用しました。急造ペアで出足はつまずきましたが、粘り強さを発揮し挽回していく試合をしていき勝利に貢献しました。本校としても3連覇です!


個人戦
シングルス
優勝王冠 星木 昇(健康スポーツ3年)
    
自身も今大会2連覇を達成しました拍手全試合で圧巻のプレイでした。要所での強烈なストロークで相手の翻弄していきました。全体的に安定感も出てレベルも上がっていると感じることができました。

ベスト4 山本 新(健康スポーツ3年)・加藤博夢(健康スポーツ2年)
    
ベス8 合田 渚(健康スポーツ2年)

ベスト8以上に4人が進出する健闘をみせました。それぞれが自分の持てる力を発揮したと思います。勝ち上がった2年生の加藤は星木に、合田は山本にと同校の先輩への挑戦になりましたが、3年生がしっかりと力の差を見せつけました。

ダブルス
優勝王冠 星木 昇橋本翔弥(健康スポーツ3年)拍手

星木がダブルスのタイトルも奪取し、団体・シングルスと合わせて3冠を達成しました。中国高校大会での初の快挙です拍手団体戦、シングルスと連戦から初戦では橋本が軽い熱中症での痙攣を起こすピンチがありましたが、そこを乗り越えて勢いに乗り、昨年、2位に終わった同ペアで今年は優勝を手にしました。


団体戦、個人戦(シングルス・ダブルス)の全種目を優勝することができました。また、全種目の優勝はこれで3年連続となり大会史上にない記録をつくりました。先輩たちが残してきた栄光を引き継ぐこともでき、そして、インターハイに向けても良い弾みとなりました。インターハイ本番でも先輩たち栄光を引き継ぎ、さらにその上へ発展させていきたいと思いますエクステンション
| ridaifutennis | - | 23:04 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ