blog index
<< 全国選抜高校テニス大会 中国地区大会 | main | 中国ジュニア クリスマストーナメント >>
全国私学大会中国ブロック大会
全国私学大会中国ブロック大会
日時:[個人戦]11月26日(土)
   [団体戦]11月27日(日)
会場:備前総合運動公園テニスセンター

1月に開催されます全国私学大会の中国ブロック大会が開催され、中国地区の各県から選抜された学校・選手が参加しました。
    
全国選抜大会中国地区大会・中国新人大会の翌週ということもありハードな日程でしたが、参加した選手達はベストを尽くして試合をしていました

本校選手の主な結果
個人戦(シングルスのみ)]
優勝 星木 昇(健康スポーツ2年)
    
今大会は第1シードとして臨み、しっかり勝ち抜いていきました序盤のラウンドでは自分の持ち味でもある強烈なショットで相手を圧倒していました。準決勝・決勝では、ゲームは競っていましたが、良いも悪いも自分のペースで試合を進めており、自分のサービスゲームは良い流れでキープを続け、相手に一度もリードさせることなく勝利していきました悪い時の波が減れば、力強さが安定し、自らの潜在能力をさらに発揮できるできるようになると思います。

3位 山本 新(健康スポーツ2年)   4位 加藤 博夢(健康スポーツ1年)
     
3位の山本は、準決勝までは、先週の全国選抜中国大会までの良いプレイを持続しており、ストロークでのラリーが安定していました。ひとつの山となった準々決勝では、序盤はリードされてましたが、中盤で逆転すると、その逆転したペースがブレることなく落ち着いた試合ができました。しかし、準決勝では逆にリードされてからがペースを変えることができずに敗退しました。4位の加藤は攻守を上手くプレイすることができるようになってきました。しかし、まだ戦術も少なく、リードした時、された時のペースがまだまだ作ることが足りませんでした。同校対戦になった3位決定戦では安定してプレイした山本に軍配が上がりました。

団体戦(複2+単1=3ポイント制)]
大会2日目に行われた団体戦は朝から雨の降る悪天候の中で行われました。出場校の選手達は、雨天でコートも悪条件となり、待機時間などコンディションを整えるのも難しかったと思います。
その中でも本校の選手達も試合が始まれば、しっかり集中してプレイしていきました。これからある大会でも、どんな状況下で試合をするか分かりません。色んな事を想定して対応していけるように、それを心がけ試合をしました。
ダブルス2本、シングルス1本の団体戦です。ダブルスの試合が大きく影響します。今大会は先週までの全国選抜予選でダブルスで活躍した選手達をそのまま起用していきました。シングルスには星木を起用し、確実に1ポイントを先取していきました。決勝戦では対戦校が主力選手をすべてダブルスに起用してきましたが、本校のダブルス組は、しっかり自分達のダブルスをぶれずに相手を押し切って勝利を収めました団体戦も優勝の栄冠を手にしました

今大会では、個人戦では、先週行われた全国選抜中国大会で、シングルスに起用した選手達がしっかり活躍を見せ、団体戦では、ダブルスに起用した選手達が活躍できました。これまでの取り組みの成果を継続していけたと思います。
これからの大会に向けてさらに力をつけていきたいと思います
| ridaifutennis | - | 23:07 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

bolg index このページの先頭へ