blog index
<< 2016全日本ジュニアテニス選手権 | main | 全国選抜高校テニス大会 岡山県予選 >>
第71回国民体育大会
第71回国民体育大会
日時:10月2日〜5日
会場:岩手県八幡平市 安比高原テニスクラブ

岩手県開催の『岩手国体』へ、チーム岡山の代表として、
本校の星木 昇(健康スポーツ2年)、岡垣 光祐(健康スポーツ3年)が出場しました。
国体の試合方式は、代表選手2名によるシングルス2試合と、シングルスが1勝1敗になった場合に、その2名の選手によるダブルスで勝敗を決します。

初戦の山形県との試合からダブルス勝負となる熱い試合となりました。先行していい流れをつくるも、引き離せず波に乗れない展開のまま、タイブレークにもつれ込みました。タイブレークは0−3とこの試合で初めてリードされる出だしになり嫌な展開となりましたが、そこからしっかりそれぞれの力を出し逆転で勝利し2回戦へ進みました。
2回戦は、雨あがりの様子を見ながらの試合となりましたが、同じ中国地区の鳥取県を相手に集中し落ち着いたプレイで2−0と勝利しました。この試合後に、暴雨雨となり3回戦は翌日へ変更されました。
3回戦はシード県の福岡県で、福岡県は柳川高校の選手で、夏のインターハイ3位校同士での対戦となりました。この日は天候は暴風強風でボールの行先も定まらないくらいの強い風の中での試合になりました。ダブルス勝負になりましたが、この天候の中で、風を考えた戦術をしっかり集中して戦い勝利し、ベスト8へ進出を果たしました。
準々決勝では第2シードの埼玉県との対戦でした。この試合もダブルス勝負になり、6−3とリードで優勢になりましたが、ここから相手もきっちりとプレイしてくる中で競ってきて、取りたいサービスゲームがキープできず逆転で7−9と敗戦となりました。
気を取り直しての順位決定戦では1勝1敗で終わり、7位となりました拍手

今大会の宿泊先となりお世話いただいた安比高原のペンションのオーナーご夫婦にもコートサイドで一生懸命に熱い応援をしていただき、二人の試合の支えになりました。国体という大会を通じて地元の方とのつながりができ心から熱い試合ができたことがとても嬉しかったですニコッ

二人でしっかり戦うことができ、岡山県選手団として入賞することができました。
3年の岡垣は高校としての公式戦をこれで終えました。今大会もコート内を走り回って、しっかり結果と成果を出したと思います。また、2年の星木もこれから大会に向けても良いキッカケとなり、これからの向上の兆しを感じる大会となりました。それぞれに次へ向けてしっかり進んでいってもらいたいと思います。
| ridaifutennis | - | 14:46 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ