blog index
<< 中国ジュニアテニス選手権大会 | main | 2016全日本ジュニアテニス選手権 >>
インターハイ(中国総体)
平成28年度全国高校総合体育大会
日時:8月1日〜8日
会場:松江市庭球場、安来運動公園

今年度のインターハイは岡山県を主催地とする中国総体で、テニス競技は島根県の松江市・安来市で開催されました。
中国地区での開催となるインターハイなので同地区での代表校としてもより頑張りましたエクステンション

【団体戦】
今大会、本校は第8シードとして臨み、初戦は2回戦からの試合となりました。
2回戦(京都 同志社国際高校)
初日は日中に一時的な雨による中断があったりと1回戦に影響を受け、2回戦への待機時間も長くなり、さらに本校は1試合目で、対戦校は1試合をこなしてという不安な条件での初戦となりました。しかし、相手が強敵ということもあり、選手たちは時間や進行状況をみて、しっかりとウォーミングアップなどして集中力を高めていましまた。
    
2面進行となり、ダブルス守時慶悟3・橋本翔弥2)、シングルスNo1岡垣光祐3)の試合は共にタイブレークとなる接戦になりました。そしてダブルスが勝利したものの、シングルスを落としてしまいましたアセアセ
    
そして1−1と勝敗の行方はシングルスNo2星木昇2)の試合に託されました。前半の競った試合の中で冷静さも持ち相手の攻略も考えたテニスを展開していきました。本来の自分のテニスとはいかないまでもチーム戦としての戦いをやり抜き勝利し、チームの3回戦進出を決めましたヤッタvエクステンション

3回戦(山梨 共愛学園高校)
    
この対戦では、ダブルスが流れをつかみきることができず敗れましたが沈
シングルスNo1
(岡垣)が相手の強打をしのぎ自分のペースへ持ち込みきっちりNo1としての役割を果たして勝利グッド
    
この試合も1−1となり勝敗の行方はシングルスNo2(星木)かかりました。中盤まではなかなか流れに乗り切れない展開でしたが後半に相手を押し切って、重圧の大きくかかる試合を制して勝利矢印上チームもベスト8へ進出ですエクステンション
準々決勝からは3セットマッチとなります。ここからが大勝負です!

準々決勝(神奈川 湘南工大附高校)
大きな山場をむかえました。対戦相手は、今春の全国選抜の優勝校で今大会の第1シードです。この対戦はシングルスの2本柱が奮闘しましたエクステンション
    
ダブルス(守時橋本)も持てる力を出していき、粘り強くプレイするもあと一歩が及ばず敗退沈同時進行だったシングルスNo1(岡垣)は前半こそ相手のテニスに押されていましたが、しぶとくくらいついていきファーストセットを先取します。
    
その流れの中で、シングルスNo2(星木)が始まりました。これまで勝敗のかかる重圧の中で我慢のテニスでしたが、この試合では開始からエンジン全開でした。しぶとく粘り強い相手と分かっていましたが、星木が力強いプレイで相手を押していき、全く相手に自分のテニスをさせません。一気に1セットを奪うと、その流れを2セット目も変えません。
隣のコートでは、シングルスNo1の試合はファイルセットと接戦になっています。しかも、試合終盤にボールの消耗によるポイント問題で25分を越える長い中断になりました。その長い断間で、シングルスNo2の試合は星木が集中力を高め一気に勝負をかけていきます。自分の勝利でNo1のエース対決への追い風にと相手を圧倒し勝利しました。
そして勝敗のかかったシングルスNo1対決は、長い中断にも岡垣は集中力を切らせず、粘り強さを失いませんでした。星木の勝利も追い風になりました、ホームゲームかのように応援組の声援がコートをつつみ込みこだまします。チーム全員がただひたすらに無心に戦っていました。そうした見えない力がチームの勢いさえ感じさせました。最後まで本校らしいしつこく粘り強さを発揮して勝利を手し拍手2年連続となるベスト4進出を決めましたヤッタv

準々決勝(愛知 名古屋高校)
昨年度からの全国大会ではベスト4の進出を続けています。この先への勝利に挑戦ですエクステンション対戦校も数度の全国優勝をしている強豪校です。本校はここまでのすべて2−1とタフな試合を続けて勝ち上がりました。この試合も本校の持ち味を出したいところです。
    
これまでと同様のオーダーで挑みました。ダブルス(守時橋本)はゲーム内容は非常に接戦となりましたが、要所のゲームが取り切れずゲーム差を広げられてしまいました。ここまで無敗でチームの勝利に大きく貢献してきたシングスNo2(星木)に期待がかかりました。やや力が入ったか序盤に自分のペースが作れません。2セット目以降に持ち直し反撃ムードになるも、要所で相手もサービスをきっちり決めてきて逆転することができず、今大会初黒星を喫しました汗シングルスNo1(岡垣)も固さがありました。自分の流れになった時に一気に押していきたいところでミスを出し接戦で1セットを先取しました。しかし、ここで粘っていたダブルスも力つき敗退がきまりました沈今夏の団体戦も2年連続の3位で終わりました。

今大会、男子では唯一の2年連続ベスト4を果たしました。昨年度からのメンバーはいない全く新しいチームでの挑戦で、この成果には価値があったと思います。
    
今年のチームはここまで決して平たんな道ではありませんでした。今春の全国選抜では本校らしい戦いが全くできずに敗退、ここに至る練習試合でも課題が残る試合ばかりでした。しかし、その状況で選手たちはチーム全員でミーティングをし、練習前後もその日その日ミーティングで意識や取り組みを話し合い、自主的な取り組みも入れてきました。チーム全員で取り組んできたこそ、チーム全員で戦えた団体戦になったと思います。
これまで選手達をサポートくださった保護者をはじめ、応援してくださるOBの方々など、本校テニス部を支えてくださった関係者の方々のお力添えがあってのことと感謝いたします。

また中国総体として同地区の島根県開催で、お世話になった島根県の先生方や補助員として熱い中、活躍してくれた生徒さんたちにも感謝いたします。
【個人戦】
本校からは岡山県代表として
シングルス 岡垣光祐(健康スポーツ3年),星木 昇(健康スポーツ2年)
ダブルス  岡垣光祐守時慶悟(健康スポーツ3年)
が出場しましたニコッ
    

岡垣がシングルスにおいて、ベスト16へ進出する活躍を見せました。個人戦初日、団体戦から連戦とベスト8進出までのラウンドをこなす過酷な日程の中、4試合目に力つきました沈しかし、今大会では、持ち味の粘り強さを発揮すると同時に、これまでよりもネットプレイを増やしてくことや、フォアハンドからの攻撃など自らのプレイの幅も広げていくことができていました。まだまだ課題はありますが、今大会のように、これかも自分を伸ばす努力を続けていける選手だと思います。
| ridaifutennis | - | 23:46 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ