blog index
<< プレインターハイin愛媛 | main | インターハイ予選【男子:団体】 >>
インターハイ予選【女子:団体】
県総合体育大会(兼インターハイ予選)【団体戦】が6月4・5日に備前テニスセンターで開催されました。

※団体形式[シングルス2試合+ダブルス1試合=3ポイント制]

女子団体戦
団体戦初出場から3年、戦う集団へと進化した本校女子チーム!今大会は第3シードとしてインターハイ出場へ挑戦しました女

全員が勝利にむかって、チーム一丸となり、まとまりがありとても雰囲気の良いチームになりました。
         
     試合前の円陣 「笑顔」と「気合い」で気持ちもひとつに!


初戦では、1年生からシングルスNo1として活躍してきたエース河原(健康スポーツ3年)と、同じく3年生で高校から本格的にテニスに打ち込み、これまでチームを支えてきた前原(健康スポーツ3年)の二人にシングルスを託し、ダブルスは服部(健康スポーツ2年)・大西(健康スポーツ1年)の若いペアで挑みました。
       
  エースとしてのプライド!(河原)   チームの頭脳、知的にプレイ!(前原)
     本校らしいキッチリプレイで初戦を快勝!
  次世代を担うペア(服部・大西)

続く準々決勝でも、シングルスNo1の河原が集中力を高め、難敵を8−0のスコアで勝利し、チームに勢いをつけ準決勝へコマを進めましたグッド

準決勝では今大会でここ数年間連覇中の強豪校との対戦になりました。

この試合もシングルスNo1はエース河原(3年)に託しました。
今まで未勝利の強敵相手に気合いも十分に挑みましたました。全国レベルの相手だけに、なかなか突破口を開けず苦しいゲーム展開でしたが最後まで理大附のプライドを持ち戦い続けました。1球に気持ちを込めてプレイした河原でしたが、エース対決は相手校に軍配があがりましたポロリ

ダブルスもこれまでの試合同様に服部(2年)と大西(1年)のペアで挑みました。
練習で取り組んできたネットプレイの動きをしっかり発揮しようと足を動かし、ボールへ集中していきました。しかし団体戦での特有のプレッシャーが、経験不足の二人に大きく圧し掛かり、本来の力を十分に発揮できず敗退ポロリ

シングルスNo2には河原(健康スポーツ2年)を起用しました。
   終始、落ち着いた粘り強いプレイと的確にコースをついて相手を揺さぶり、接戦となった試合で、シングルスNo2としての役割をしっかり果たしていきましたが、他の試合で0−2となり打ち切りの試合となってしましたポロリ

結果:準決勝敗退・・・ベスト4

「インターハイ出場」を目標に5年を迎えた女子チーム、今年はとても悔しい結果に終わりましたが、団体挑戦から3年で「インターハイ出場」を目標に取り組めるまでに成長してきました。3年生の河原・前原が入学してきてからの団体初出場から考えれば、この二人の成長と共にチームも大きな躍進をしました。またそれ続いている1,2年生もとても良い経験を積んだと思います。女子チームの挑戦はまだまだ始まったばかりです、これからも飛躍できるよう、またこれまでの女子のまとまりや良い雰囲気をよい伝統にしていけるよう邁進していきたいと思います。
| ridaifutennis | - | 00:02 | comments(0) | - |
コメント
コメントする


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ