blog index
全国私学高等学校テニス選手権大会
第8回 全国私立高等学校テニス選手権大会
日時:(個人戦)1月25〜26日
   (団体戦)1月27〜28日
会場:(個人戦)三木ビーンズドーム (団体戦)神戸総合運動公園

各地域の予選や選考を通過した学校・選手が出場しました。

【本校の結果】
[個人戦(シングルス)]
本校からは加藤博夢(2年)と橋田涼平(1年)が出場しました。
     
加藤は2回戦の第1シード選手との対戦を6−0で制すと一気に勢いに乗りベスト4へ進出しました矢印上準々決勝までは粘り強いプレイを発揮していましたが、準決勝では相手のスピードとテンポに最後まで自分のリズムを作れず敗退しました沈しかし、ここまで勝ち上がった結果は自信にしてもいいと思います。
同じく2回戦で第3シード選手との対戦になった橋田でしたが、積極的なプレイで立ち向かっていき、4−4と接戦へと持ち込んだ相手のサービスゲームでブレイクチャンスをつくるもそこは相手選手もしっかり集中して取らせてもらえず、その流れから4−6で敗退沈となりました。しかし、その対戦選手がそのまま優勝し、その選手としっかり打ち合えたことは今後の手応えにしてもらいたいです。

4位入賞エクステンション加藤 博夢


[団体戦]
今大会の団体戦は、ダブルス2試合・シングルス1試合の3ポイント制です。
    
本校はノーシードから、シード校との対戦で接戦をものにする本校らしい勝ち方が発揮でき、ベスト4へ進出することができました矢印上この冬期から、意識や考え方を変えて取り組んできた成果が出たと思います。しかし、相手ではなく自分たちで自分を苦しめているプレイも多く見られ、流れをつかめず、1セットの中でひと山ふた山と自ら作ってしまう試合も多かったのは今後の反省です。

準決勝では、勝ちへの強い気持ちが裏目に出て、落ち着いて状況を冷静に考えてプレイすることが陰をひそめ負け試合にしていまい敗退しました沈そして、その後の順位決定戦では、準々決勝で敗退した順位戦を勝ち上がったチームとの対戦となりましたが、準決勝で敗退した悪い流れを断ち切ることはできず、何とか切り替えてとはするも最後に精彩を欠くプレイとなり敗退、今のチームの「弱い」部分を路程する結果となり、最終戦も悪い内容で終わらせる結果となりなりました・・・
確実に選手達も全国で戦える力がついてきたことは実感できたと思います。しかし、ここから勝ち抜いていくために、身につけた力を安定して発揮することや、大事な後半で自分がやるべきプレイをしぶとくやり続ける粘り強さなど、プレイ面や気持ちの面でも「強さ」を身につけなくてはいけないことも更に実感できたと思います。
まずは3月の全国選抜大会へ向けて今大会の課題に対してどう変わっていくか期待したいと思います。

今大会は強烈な寒波の中での大会となりました。雪などで大変な時間もありましたが、運営等でご尽力くださったなった先生方、遠方より応援に足を運ばれた保護者の方々への感謝も忘れずこれからも頑張っていきたいと思います。
| ridaifutennis | - | 23:55 | comments(0) | - |
中国ジュニアテニス ウインター大会
中国ジュニアウインター大会
(中国ジュニアランキングポイント対象大会)
日時:1月20日(土)21日(日)
会場:山口市 維新百年記念公園

冬期の中国ランキングポイント対象大会の2大会目になるウインター大会が開催されましたエクステンション
    
年齢カテゴリー別の32ドローで行われ、本校からはU18に8名、U16に1名が選出され出場しましたニコ
    
【本校選手の主な結果】
U18
2位 加藤 博夢(健康スポーツ2年)    3位 合田 渚(健康スポーツ2年)
    
4位 橋田 涼平(健康スポーツ1年)    5位 毛利 海朗(健康スポーツ1年)
    
9位 桑原 樹(健康スポーツ1年)    15位 辻 理人(健康スポーツ2年)
    

先月のクリスマストーナメントでは今一つの結果に終わった選手達も結果を伸ばしていくことができました。
U18の決勝でファイナルセットの末に敗退してまった加藤も、準決勝では第1シードの選手を破って勝ち上がった合田との同校対決を接戦でものにするなど自分の力を安定して発揮できるようにもなってきました。また、合田をはじめとする他の選手達も自分よりも上位ランキング選手を破って勝ち上がっていくことができました。
今大会は、目先の勝敗にとらわれず、自分たちが今後、どの舞台で戦っていかなくてはならいのか、自分たちの視野を上に向けて、そのために今、どんなプレイをすべきなのかを、各々が考えを持ってプレイするように心がけて試合に挑みました。そして、今大会はようやく自分がやりたいプレイが形にもなってきたようにも見えました。
しかし、さらに上の舞台で戦っていくには、まだまだ力不足で、今大会も課題や反省点は沢山ありました。しかし、そこを自分たちの伸びしろと捉えて、もっと自分たちを伸ばす努力をしてもらいたです。
| ridaifutennis | - | 23:13 | comments(0) | - |
ニューイヤー選抜団体対抗戦大会
『ニューイヤー選抜団体対抗戦』
日時:1月4日〜5日
会場:兵庫県 アオノテニスクラブ

新年のスタートとして毎年参加させて頂いていますニューイヤー選抜対抗戦へ参加させて頂きました。
各地から参加された全国選抜へ出場する学校を中心に総当たり戦で行われました。今年も、近畿、四国、北信越、中国の地区1位校や、各県の1位校が多数参加されレベルの高い大会となりましたニコ
本校は大会主催の先生方のご配慮で2チーム参加させて頂き、ほぼ全員が試合を経験させて頂くことができました。
選抜メンバーは他地区の強豪校と対戦し、勝った試合、負けた試合で3月の全国選抜で勝ち上がっていくための足がかりとなる試合になったと思います。また、試合経験の少ない選手達が、強豪校の選手達との試合を経験することができいろいろなことを感じられ多くを学ぶことができましたニコッ

試合前後の練習も毎年、ご配慮していただきコートを提供して頂いています。
恒例となっている夜間練習、早朝練習もさせて頂きましたエクステンション
    
試合で出た課題に対して、練習の必要性を考えて、しっかり練習に取り組めたと思います。

毎年、新年明けてすぐのこの時期にたくさんの試合や練習をさせて頂けたことへ感謝し、今年もより躍進できるように今大会での経験を生かしていきたいと思いますエクステンション
| ridaifutennis | - | 23:12 | comments(0) | - |
OB会(2018)
OB会
日時:1月3日
鏡もちあけましておめでとうございますかどまつ

新春恒例のOB会(初打ち)ですエクステンション
今年も多くのOBが足を運んでくださいましたニコッ
    
OBと高校生の混合チームを作り、団体戦形式で試合をしていき、珍プレイ好プレイに大変盛り上がりましたヤッタv全国大会で活躍したOB達とペアを組む高校生たちは緊張した面持ちでプレイしておりそれも面白味がありました。
また、今年は現在、テニスコーチをしているOBが、年輩OBや保護者を対象にレッスンする企画もあり、参加者全員が楽しめるOB会になったと思います。
また、昼食には保護者の方々に美味しい豚汁を用意していただき、久々に顔を合わすOBたちの楽しい会食にもなりました。

現役の高校生はOB会から激励の言葉をかけていただき、より今年一年の決意を強くしていたようでしたニコ
多くのOBが残してきた伝統を引き継ぎ、そしてさらに発展させていける一年にしていきたいと思いますエクステンション
| ridaifutennis | - | 23:18 | comments(0) | - |
中国ジュニアX'masトーナメント17’
中国ジュニアクリスマストーナメント
(中国ジュニアランキングポイント対象大会)
日時:12月24〜26日
会場:宇部マテ“フラッセラ”テニスコート

中国ジュニアの冬期の大会のひとつクリスマストーナメントが開催されました。
今大会は予選、本戦形式で行われ、本戦インの選手たちに加えて、これまで中国大会経験の少ない選手達も予選から出場することができました。
    
大会初日の予選では、本校の選手達の活躍が目立ちましたニコッこれまで個人戦で実績のなかった選手達がそれぞれの持ち味をしっかり発揮して各予選ブロックを勝ち上がっていき健闘しました矢印上
    
2日目以降の本戦には、予選を勝ち抜いた4名と本戦インの4名の選手を加えて8名となりました。
【本戦の主な結果】
ベスト4 加藤 博夢(健康スポーツ2年)  ベスト8 合田 渚(健康スポーツ2年)
    
順調に勝ち進んだ加藤でしたが、準決勝ではファイナルセットの末に敗退、尻上がりになりたいゲームの後半から終盤にかけてのプレイが尻つぼみになり、そこが課題となりました。合田もなかなか波に乗りきれない中でそこを打破するキッカケをつかめないまま敗退となりました沈

ベスト16
毛利 海朗(健康スポーツ1年)、桑原 樹(健康スポーツ1年)、池畠 大生(健康スポーツ1年)

本戦では、それぞれの選手が今一つ物足りない結果となってしまいました・・・これまでも実績の少ない選手達が、これまで頑張ってきて着実に力をつけてきているからこそ、勝つことに意欲も出て、しかし、それが結果に結びつかない苦しくもがく時期にきていると思います。
頑張ってきたことが、なかなか上手くいかないことへの歯がゆさや、頑張ってきたからこそ生まれるプレッシャーなどで思うようにプレイできないなどが試合の中で見えました。
何事も思うようにいかないことが当たり前です、その中でいかに考え工夫し力を発揮するかです。思うようにいかない時こそ、何ができるか!そこの思考力(選択、判断、決断など)や自分ができる事を増やすなど力をつけていってもらいたいです。
日頃からの訓練です!普段から、自分のどうあるべきか、それに対して、何をやるべきかをよく考えて取り組んでいって欲しいと思います。
| ridaifutennis | - | 23:23 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

bolg index このページの先頭へ