blog index
中国ジュニア スプリング大会
中国ジュニアスプリング大会
日時:(予選)3月29日
   (本戦)3月30,31日
会場:尾道びんご総合運動公園

中国ジュニアランキング対象大会となる大会です。今大会は予選・本戦方式で行われ、本校からも中国大会等の経験の少ない選手達も多く出場しました!

【予選】
本校で予選から出場した選手は先日の全国選抜では応援だった選手達です。これまでも本校のメンバー達との差を埋めるべく頑張ってきました!その成果が見られる試合が多くありました。

中でも活躍が光ったのは、高校からテニスを始めてまだ1年の藤岡拓実(スポーツサイエンス2年)でした。中学時代はソフトテニス経験の経歴でテニスを本格的に始めたの本校に入学してからでした。チームメイトからも驚かれる成長ぶりで、予選を勝ち抜き本戦へ進出しました!!
このような選手がこれが理大だと言わんばかりに活躍していくことも本校らしさです!

【本戦】
全国選抜のメンバーは本戦ストレートインでした。全国選抜での敗戦のショックを切り替え、しっかり前を向いて戦おうと挑みました!
まだまだ、気持ちとプレイが咬み合わず勝ちきれなかった選手もいましたが、チーム全体で前向きに戦えていたとおもいます。その中でも、これまで上位層には名前を連ねていかった安藤百次郎(健康スポーツ3年)が、2回戦で第1シードと倒すと勢いそのままにベスト4に進出する飛躍を見せました!準決勝での、同校対決で敗れはしましたが、チームメイト達には良い刺激になったと思います。
そして、今大会では、初戦からしっかり安定して力を発揮してきた本校の2名による同校での決勝戦となりました。
対戦は、前回のウインター大会から2大会連続での、藤井悠人(スポーツサイエンス2年)VS橋田涼平(健康スポーツ3年)の決勝戦です。
そして、前回同様に勝敗の行方はファイナルセットへ・・・軍配は力強いストロークで押し切った藤井にあがりました!!

優勝 藤井 悠人  2位 橋田 涼平 4位 安藤百次郎
藤井自身、中国大会での2大会連続での優勝となりました。このプレイが安定して、しっかりとした自信をつけてもらいたいと思います。

今大会を通じて、新学年になるこの時期を迎え、選抜の敗戦からまだまだ調子が上がってこない選手達もいましたが、予選で戦った選手達の成長も含め、今大会の結果自体は明るい兆しとなったのではないかと思います。
新年度も迎え、また新たなシーズンが始まります!しっかり前を向き、志を高く上を目指して頑張ってもらいたいと思います。
| ridaifutennis | - | 19:43 | comments(0) | - |
第41回全国選抜高校テニス大会
全国選抜高校テニス大会
日時:3月20日〜
会場:博多の森テニス競技場

全国選抜高校テニス大会が開催されました

本校としても、今大会に向けて遠征などを繰り返し、力をつけてきました!
    
シード校として臨んだ本校は2回戦が初戦となりました。初戦の固さがあり良い内容とはいえないものでした。
    
しかし、チームの総合力でなんとか勝ちきることができ、ベスト16へコマを進めることができました。

そして、ベスト8進出をかけた3回戦に挑みました。
    
勢い乗っていきたいところですが、シングルスNo1を落とす展開に、しかし、すぐさま、ダブルスNo1が快勝し、勢いを取り戻すか...
    
しかし、そうは思うようにいかないのが団体戦です。シングルスNo2は落とすも、ダブルスNo2がしっかり取り返す接戦となりました。
    
しかし、その試合の流は、本校チームにとっては良い流れとはなりませんでした。何が起こっているのか、あっという間の時間でした...

絶対的なNo3としていた試合が、気持ちとプレイが咬み合いを見せず終わってしまいました。特に今年のチームは自分のチームで今年こそ!と挑んでいた意気込みも強かっただけに、志なかばで終わった試合に泣き崩れる選手達...

何が足りなっかたのか、何がいけなかったのか、なぜこうなったのか・・・ 
選手達は、振り返り考えるなど現実的に考えることも難しい状態に陥ったくらいだったと思います。
チームとしては高い総合力をもっていたと思います。しかし、この結果を生んでしまったのには原因が必ずあります。このチームでのリベンジはあと夏しかありません、その前にも、厳しい夏への予選の戦いを避けては通れません。今一度、本当の「強さ」を探求し、もっと強くなって全国の舞台に戻ってきたいと思います。

団体後の個人戦に出場した藤井が、敗戦のショックから意地を見せ、ベスト10に進出したことは今後に繋がってくると思います!

保護者の方々、OBの方々にしっかりサポートして頂きました。今大会を皆さんで笑顔で終えることがでず心残りとなりましたが、その先の大会できっと... また今後も応援よろしくお願い致します。
| ridaifutennis | - | 18:34 | comments(0) | - |
壮行会(全国選抜)
壮行会(全国選抜高校テニス大会に向けて)
日時:3月2日(土)
会場:本校テニスコート

保護者の方々が全国選抜大会に向けての『壮行会』を催してくださいました。
    
本校の恒例の『カツ(勝つ)カレー』を作ってくださいました。
    
ゲンを担いだ料理を生徒達はお腹いっぱいにご馳走になりました!!
そして、ひとりひとりが、保護者の前で全国選抜へ向けての決意を表明しました!
    
また、必勝を祈願していただいた「ダルマ」を用意してくださり、そのダルマに祈願を記入、ダルマの片目を入れました
さらに、チーム一丸となって戦うようオリジナルデザインの「チームタオル」も用意してくださいました
    
保護者の方々も本校が掲げる「チーム理大」の一員です!保護者の方々も選手達と一緒に目標に向かって歩んでくださっています大会へ向けて「チーム理大」の決起は高まってきました!
選手達は、このようにサポートして頂いていることに感謝をすることは当たり前ですが、保護者の方々が選手達に精一杯できることをやって頂いている分、選手達は自分達がやるべき事にしっかり責任持って取り組んでもらいたと思います。
| ridaifutennis | - | 23:08 | comments(0) | - |
卒業式(送別会)
卒業式(卒部会)
日時:3月1日

3月に入り、卒業式を迎えました
卒業生達は、式終了後に1,2年生達が待つテニスコートに集合し卒部式を行いました。

卒業生から、在校生や先生に向けて3年間の気持ちを伝えました!

話をする言葉のひとつひとつ、その内容や話し方などからも、卒業生達の成長がとても伝わってきました。相手へ気持ちや物を伝える力がついていたことに驚かされました。

後輩達からもお世話になった思い出を先輩達へ伝えました。

そして、卒業生から保護者へ「感謝の手紙」を読み、渡しました。

高校3年間、そして18年間の感謝の思いを保護者に伝えました。とても感動的でした。


最後はみんなで円陣
卒業にあたってみんなでエールを送りました。
今年度も立派に巣立っていきました!!またそれぞれの道で輝いてもらいたいと思います。
| ridaifutennis | - | 23:15 | comments(0) | - |
2月遠征
2月遠征
山口遠征
日時:2月2日(土)3(日)
会場:宇部マテ“フラッセラ”テニスコート
大分遠征
日時:2月9日(土)〜11(月)
会場:大分スポーツ公園
    
山口県高体連主催 強化合宿
毎年、開催されている山口県高体連主催の強化合宿に今年度も参加させて頂きました。なお、今回はA,Bチームで参加させて頂きました。
その中で、なかなか遠征機会の少ないBチームにとっては、県外チームとの対戦は貴重な経験となりました。
また、今回の期間中では、プロコーチを招聘した『テニスクリニック』も開催され、参加チームの数人ずつの参加でレッスンも受けられる機会も与えて頂きました
山口県高体連の先生のご配慮で、ほとんどの部員が良い経験を積むことが出来ました!!部員全体での遠征になり、共同の時間を過ごすことで、チーム活動としての共通意識を高めることも出来ました

九州地区選抜強化大会(めじろんカップ)
九州地区の選抜出場校が集結し、強化を図る大会に中国地区の代表として参加させて頂きました。
1ヶ月後にひかえた全国選抜高校テニス大会に向けて参加校も力が入っていました。その中で出る反省点や課題が全国選抜までの練習材料となり、大会前に緊張感ある試合が体験できることは各チームにとって大きなものとなったと思います。
    
九州地区の出場校は、どの学校も熱心な先生、それに負けない熱心な選手達とでいいチームばかりでした。そういうチームと対戦できたこともとても良かったです

本校としても1月からの大会と遠征の連戦に加え2年生の修学旅行と過密な日程をこなす中で、チームメイトと過ごす時間も多く、団結力などにも深みが出てきたと思います。
特に2月の遠征は、本大会に向けて、チーム全員が「共通の目標」に向けて更に意識を高めていける機会となりました
このような機会を与えてくださった主催県の先生に感謝です。
| ridaifutennis | - | 12:17 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ