blog index
全国選抜高校テニス大会 中国地区大会
全国選抜高校テニス大会 中国地区大会
日時:11月18日(土)19日(日)
会場:山口県 宇部マテ“フラッセラ”テニスコート

春の全国選抜高校テニス大会の出場をかけた中国地区大会が開催されましたエクステンション
厳しい県予選を勝ち抜いた各県2校が出場し熱戦が繰り広げられましたニコ
本校も岡山県予選を1位通過し今大会は第1シードとして臨み、本校としても4連覇に挑んでいきました。
(選抜団体戦:シングルス3試合+ダブルス2試合=5ポイン制)

【本校の結果】
王冠優勝王冠4連覇エクステンションエクステンション
決勝までも納得のいかない内容ながらも勝ち進み、向かえた決勝戦は同県のライバル校との伝統の一戦となりましたエクステンション本校は県予選の同じオーダーで臨みました。
決勝は3セットマッチ、2面進行で行われ、シングルスNo1とダブルスNo1の2試合から始まりました。
    
シングルスNo1加藤博夢(2年)とダブルスNo1毛利海朗桑原樹の1年ペアで一気に勝負をかけていきたいところでした。その期待に応え、2試合ともにストレートで勝利しチームの勝利へ勢いをつけました矢印上
続く試合は、シングルスNo2橋田涼平(1年)とダブルスNo2岡田星翔辻理人の2年生ペアの2試合でした。
    
シングルスNo2は1セット目は一気に相手に先取されましたが、ダブルスNo2は逆に先取する対照的な試合展開となりました。2セット目は両試合ともに接戦となっていきました。が、シングルスNo2橋田は最後まで自分のサービスゲームでリズムがつかめず波に乗り切れず敗戦沈ダブルスNo2もゲームではリードしチャンスはつくるも自分たちのミスで何度もデゥースを繰り返すゲームを何度も続けなかなか前へ進めません。。
そんな中、最後の試合となるシングルスNo3合田渚(2年)の試合もスタートしました。

中盤までのシーソーゲームを抜けだし5−3とリードを広げ波に乗っていくと思われた試合でしたが、そこからプレイがブレてしまい、逆転をゆるす悪い展開となった試合でした。
が、ジワジワとゲーム差を広げていったダブルスNo2がストレートで勝利し、団体戦ポイントを3−1として優勝を手にしました拍手

今年のチームは絶対的なエースがいないチームの総合力で戦うチームです。今大会はどの試合も決して納得のいくプレイだったとは思えませんが、上手くいかない部分を何とかその他でカバーしてくことで総合力で手にできた優勝だったと思います。
春の全国大会へ出場も内定です(選抜は選考会にて決定)が、先輩達が続けている全国の舞台での戦いを継承していくには、まだまだ力不足です・・・春の全国大会までに、この冬期にかけて全国でしっかり戦えるチームへと力をつけていきたいと思いますエクステンション

また今回も遠い会場へ保護者の方々や関係者が応援に足を運んでくださったり、OBからもメッセージを頂き、チーム理大として一体となり団体戦を勝利することができ、喜び合えたことを大変うれしく思います。全国大会でもチーム理大でしっかり戦ってきたいと思います。
| ridaifutennis | - | 23:32 | comments(0) | - |
全国選抜高校テニス大会 岡山県予選
全国選抜高校テニス大会 岡山県予選
日時:10月21日(土)22(日)24(火)
会場:備前総合運動公園

春の全国選抜高校テニス大会へ向けて岡山県予選が開催されましたエクステンション
(選抜団体形式:シングルス3+ダブルス2=5ポイント制)

新チームとなって初めての団体戦です。
    
今年の大会は、台風の影響により大会初日から大雨雨にみまわれ、雨の中での試合もありましたが、参加校の選手たちの気合いは雨にも負けず熱戦が繰り広げられましたエクステンション準々決勝からは1日あけての順延で日延びした条件での試合となりました。

【 結 果 】
王冠優勝王冠 4連覇を達成しました拍手
    
チーム力を発揮しチームの総合力でしっかりと優勝を手にすることができましたグッド
決勝戦では、久々となるライバル校との岡山の伝統の一戦でした!
5面進行で行われた試合でしたので、いかにチーム全体で勢いをつけられるか!とチームの雰囲気を大事にして試合に臨みました。
    
まずは、ダブルスの2本がチームの勢いをつくりました。ダブルスNo1で起用した毛利 海朗桑原 樹の1年生ペアと、ダブルスNo2に起用した岡田 星翔辻 理人の2年生ペアが一気に相手を押し切っていき、団体の勝敗で2ポイント先取しましたニコッ
    
    
シングルスでは、シングルスNo3の合田 渚はシーソーゲームとなっていましたが、シングルスNo1の加藤 博夢と、1年生でシングルスNo2に抜擢された橋田 涼平が優位に試合を進めていき、最後に加藤が粘る相手を引き離し勝負を決め、本校の4連覇となりました。

メンバー以外の選手も応援やボールパーソンなど懸命に役割を果たしました。応援に3年生達もかけつけました、これまでと変わらずサポートしてくださる保護者の方々やOBからの応援もあり、『チーム理大』で戦うことができましたニコプレイする選手だけでなく、このような方々とひとつのチームとして戦う本校の団体戦の戦い方が、新チームにも少しずつ身に付き始めたと感じましたニコッ
しかし、県大会を優勝で終えましたが、全国選抜大会へ向けてはスタートを切ったばかりです。1年生も多く団体未経験の選手が多いチームなので、ひとつひとつ経験を積み重ね、全国へ向けてレベルアップしていきたいと思います。
| ridaifutennis | - | 12:54 | comments(0) | - |
岡山県高校 秋季テニス大会
岡山県 秋季テニス大会
日時:予選9月23日24日 本戦9月30日10月1日
会場:備前総合運動公園

1,2年生の新人戦となる「秋季大会」が開催されました。
3年生が抜けた夏以降から新チームとなり取り組んできたことの成果が楽しみです。また、全国選抜予選の前哨戦ともいえる大会なので、新チームの力が試される試合となりました。

【本校選手の主な結果】
〔シングルス〕

優勝王冠 加藤 博夢(健康スポーツ2年)  3位 毛利 海朗(健康スポーツ1年) 
    
ベスト8 橋田 涼平(健康スポーツ1年)  桑原 樹(健康スポーツ1年)
    

〔ダブルス〕
優勝王冠 橋田 涼平(健康スポーツ1年)・桑原 樹(健康スポーツ1年)
2位拍手 加藤 博夢(健康スポーツ2年)・毛利 海朗(健康スポーツ1年)
ベスト4 岡田 星翔(健康スポーツ2年)・池畠 大生(健康スポーツ1年) 
ベスト8 辻 理人(健康スポーツ2年)・安藤百次郎(健康スポーツ1年)

今大会では、多くの選手が上位入賞する活躍がみられましたニコッ上位に進出できなかった選手も予選敗退した選手も、これまでの取り組みの成果がチーム全体に出ていたと思います。しかし、新チームとしての大会は始まったばかりですので、成果を感じられた部分には自信を持ち、結果には満足せず更に気を締め直しこれかも努力することを続けていってもらいたいですエクステンション
次大会は、いよいよ全国選抜高校テニス大会の県予選です。チーム全体の総合力を上げていき大会へ挑みたいと思いますエクステンション
| ridaifutennis | - | 11:03 | comments(1) | - |
国民体育大会(愛媛国体)
国民体育大会(愛媛国体)
日時:10月1日〜4日
会場:愛媛県総合運動公園・松山中央運動公園

愛媛県で国民体育大会が開催されましたエクステンション

チーム岡山の少年男子に本校の星木 昇(健康スポーツコース)が出場しましたニコ

第5シードとして、前田将吾(関西高)とのコンビで試合に臨みました。
2回戦からの岡山県に対して1回戦の勝ち上がった岐阜県は初戦で対戦するには強敵な相手でした。その1回戦を戦っきた相手に対して、初戦となる岡山県はシングルスの2試合共に、立ち上がりでなかなかペースをつくれずリードされる展開となり、厳しい戦いとなりました。後半にかけて盛り返していくも前半のゲーム差が響き2試合とも落としてしまい敗退しました。
今大会では上位進出を逃しましたが、この2選手は今年度、3年生として中国地区を引っ張ってきて夏の大会でも活躍をみせました。今後の活躍に期待しますエクステンション
| ridaifutennis | - | 10:37 | comments(0) | - |
全日本ジュニアテニス選手権’17
全日本ジュニア選手権大会
日時:8月10日〜15日
会場:大阪 靫テニスセンター

インターハイに引き続きおてんき夏のメインとなる全日本ジュニアが大阪・靫テニスセンターで開催されましたエクステンション

本校の出場選手の結果
U16シングルス
橋田 涼平(健康スポーツ1年)
    
全日本ジュニアも含め全国大会に初めて出場しました。初めての靫テニスセンターの会場の雰囲気、試合に対するワクワク感と緊張感と一気に高ぶったのか、試合序盤から力を込めすぎてオーバーペースに、自分のペースをつくれないまま試合をつくれず敗退しました沈しかし、本人にとっては貴重な体験となったと思います。この経験で成長も見えた気がしました。

U18シングルス
星木 昇(健康スポーツ3年) ベスト16拍手
    
初戦から第3シードの選手との対戦でした、昨年の1回戦も同一カードで敗れただけに、今年はリベンジを果たし上位へ進出する足がかりにしたいと挑みました。試合は接戦となりましたが、相手を追い込んでからのボレーが随所で決まりました。フルセット末に勝利し上位進出の道を開きましたエクステンションその後、ベスト16で敗退しましたが、最後の試合もフルセットの接戦となり逆転され悪い流れからリードを許す展開にも最後まで諦めず戦いきりました。インターハイからの連戦だったりとコンディションも難しい中でしたが自分の力を出して戦い抜きました。

山本 新(健康スポーツ3年)
    
自身、高校3年生でやっとつかんだ個人戦で初めての全国出場でした。その初戦も落ち着いて自分のやれることに集中し1回戦で初白星を挙げました矢印上2回戦では経験豊富な選手相手にしっかりラリーをしていき、相手を追い込むまでもっていったりとしましたが、競っていたゲームがもうひとつものにできず敗退しました。初めての全日本ジュニアでしたがこの経験もこれからの自信になったのではないかと思います。

U18ダブルス
山本 新加藤 博夢(健康スポーツ2年)
    
星木 昇橋本 翔弥(健康スポーツ3年)
    
両ペアともに1回戦を、ファイナルセットのスーパータイブレークの接戦をものにして勝ち上がりましたエクステンションなんとも本校らしい試合の勝ち方だったと思います。共に2回戦では実績のある上位シードペアと対戦、随所でいいプレイも見せましたが力及ばず両ペアとも敗退しました。

3年生達の主要大会が終わりました。これまで経験したことが決して無駄にならぬように、今後に生かしてまた進んでいってもらいと思います。
今大会を経験した1,2年生達は新チームになっていく糧にしてもらいたいです。
| ridaifutennis | - | 16:23 | comments(0) | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ