blog index
中国ジュニア スプリング大会
中国ジュニアスプリング大会
(中国ジュニアポイント対象大会)
日時:(予選)3月29日(本戦)30,31日
会場:尾道びんご運動公園

今年度の最後となる中国ジュニア大会です。予選・本戦形式で行われる大会ですので、本校は部員のほとんどが出場することができました。
    
予選から出場した選手達も健闘しましたニコ
    
全国選抜大会で出番がなっかた選手達も冬期からの練習で確実に力をつけていました。数名が予選を勝ち上がり本戦へ進むこともできました矢印上
    
本戦には最多の9名が出場しました。が、同校対戦も多く勝ち上がり選手が少なくなっとはいえ、全体的によい結果とはいえませんでした。
    
ベスト4に進出した合田、ベスト8の橋田とももう一歩が及ばずでした。
全国選抜からの連戦でもあり、その大会の反省もなかなか修正する時間もなかった状態ではありましたが、やはりテニス全体に粘り強さの足りない試合が多く見れたのは残念でした。勝ちきる強さを見つけるための今後の取り組みに、期待します!
| ridaifutennis | - | 23:48 | comments(0) | - |
第40回全国選抜高校テニス大会
第40回全国選抜高校テニス大会
日時:3月20〜26日
会場:博多の森テニス競技場
(団体:シングルス3試合+ダブルス2試合=5ポイント)

全国選抜高校テニス大会が博多の森で開催されましたエクステンション

各地域から選抜された高校の熱い戦いが繰り広げられました!
本校も上位進出を目指し挑みました。
    
雨天で長い待機となった1回戦の初戦は、緊張で固さもありましたが、5試合を全て勝利しストレート2回戦へ駒を進めました矢印上
    
2回戦では、シングルス1を落とし先行される展開となりましたが、ダブルス1の毛利・桑原の1年生ペアと続くシングルス2の同じく1年の橋田の活躍で試合の流れを大きく変え勝利を引き寄せました矢印上
    
ベスト16へ進出した3回戦、ベスト8進出を前にしてプレッシャーを感じてしまったか、これまで活躍を見せていた1年生たちが精彩を欠きチームを勢いづけれずゆう★流れをつくった2年ペアのダブルス2も逆転を許し敗退沈
今年の全国選抜の挑戦は志半ばでのベスト16で終わりましたアンパンマン決してチャンスがなかったわけでありませんでした。これ以上に勝ち進む力もあっただけに、試合内容も含めこの結果には歯がゆいばかりです怒り

チームの大半が1年生でメンバーのほとんどが団体での全国大会が未経験の若いチームでの挑戦でしたが、今大会の苦い経験から、ここで勝つことは簡単な事ではなく、勝負の厳しさも身に染みて体感できたようです。また、勝ち進んでいるチーム同士の熱い戦いを見て、自分たちに足りないもにも気づかされ、これまでの取り組み方の甘さも痛感できたようでした。
選手たちは今大会へ向けても頑張って取り組んできたと思いますが、ここで勝ち抜く「チーム力」が足りなかったと思います。今大会の悔しさと反省を生かし「強いチーム」となって夏でリベンジできるよう力をつけていきたいと思います。

今大会もいろんな方々に応援・支援していただきました!期待に応えられる活躍ができなったですが、感謝を忘れずこれからも頑張っていきます。
| ridaifutennis | - | 23:22 | comments(0) | - |
壮行会(全国選抜)
『壮行会〜全国選抜高校テニス大会に向けて〜』

毎年、本校テニスコートで保護者会で催して頂いています、全国選抜へ向けての「壮行会」を今年も行って頂きましたニコッ

恒例の美味しいカツ(勝つ)カレーも用意していただき、気持ちの込められたカレーを部員みんなで美味しくいただきましたニコ
    
保護者の方々のサポートや応援、期待に応えられるプレイがきるよう、選手達もそれぞれの想いを保護者へ決意表明しました。


チーム理大の結束も高まってきました。全国選抜高校テニス大会では「チーム理大」の強さを発揮できよう全力を尽くします!
| ridaifutennis | - | 21:34 | comments(0) | - |
2月遠征
2月遠征

「山口県強化合宿」
日時:2月3、4日
会場:宇部マテフッセラ、山口維新公園

山口県高体連主催の強化合宿に参加させていただきましたニコッ
中四国の学校を中心に、近畿、九州の学校も参加され、全国選抜の団体形式で多くの試合ができましたエクステンション
    
最強寒波到来雪2日目は大吹雪の中での試合になりました汗
しかし、どの学校のどの選手も雪や寒さに負けず、強くたくましく試合に打ち込んでいましたニコそんな中、数多くの試合をすることができ、選手たちも多くの経験を積める機会となりましたエクステンション

「九州地区全国選抜強化大会」
日時:2月10〜12日
会場:大分スポーツ公園

九州地区の全国選抜高校テニス大会出場校での強化大会に中国地区の代表として、参加させていただきました。

試合は全国選抜の団体形式で行われ、普段では対戦できない他地区の学校の選手たちと試合ができたことや、九州地区の学校や選手の取り組む姿なども体感する機会を与えていただき、とても良い経験ができました。

両遠征も、いろいろな学校と数多くの試合ができ、その分、多くのことを学ぶことができました。
また、全国選抜高校テニス大会に向けての団体形式での試合でしたので、本校としもチーム力をあげていくためのよい機会となりましたニコッ
両県の先生方には、とてもお世話になりました。選手達も感謝を忘れず、今回で与えて頂いた経験を生かしてもらいたいと思います。
| ridaifutennis | - | 21:09 | comments(0) | - |
全国私学高等学校テニス選手権大会
第8回 全国私立高等学校テニス選手権大会
日時:(個人戦)1月25〜26日
   (団体戦)1月27〜28日
会場:(個人戦)三木ビーンズドーム (団体戦)神戸総合運動公園

各地域の予選や選考を通過した学校・選手が出場しました。

【本校の結果】
[個人戦(シングルス)]
本校からは加藤博夢(2年)と橋田涼平(1年)が出場しました。
     
加藤は2回戦の第1シード選手との対戦を6−0で制すと一気に勢いに乗りベスト4へ進出しました矢印上準々決勝までは粘り強いプレイを発揮していましたが、準決勝では相手のスピードとテンポに最後まで自分のリズムを作れず敗退しました沈しかし、ここまで勝ち上がった結果は自信にしてもいいと思います。
同じく2回戦で第3シード選手との対戦になった橋田でしたが、積極的なプレイで立ち向かっていき、4−4と接戦へと持ち込んだ相手のサービスゲームでブレイクチャンスをつくるもそこは相手選手もしっかり集中して取らせてもらえず、その流れから4−6で敗退沈となりました。しかし、その対戦選手がそのまま優勝し、その選手としっかり打ち合えたことは今後の手応えにしてもらいたいです。

4位入賞エクステンション加藤 博夢


[団体戦]
今大会の団体戦は、ダブルス2試合・シングルス1試合の3ポイント制です。
    
本校はノーシードから、シード校との対戦で接戦をものにする本校らしい勝ち方が発揮でき、ベスト4へ進出することができました矢印上この冬期から、意識や考え方を変えて取り組んできた成果が出たと思います。しかし、相手ではなく自分たちで自分を苦しめているプレイも多く見られ、流れをつかめず、1セットの中でひと山ふた山と自ら作ってしまう試合も多かったのは今後の反省です。

準決勝では、勝ちへの強い気持ちが裏目に出て、落ち着いて状況を冷静に考えてプレイすることが陰をひそめ負け試合にしていまい敗退しました沈そして、その後の順位決定戦では、準々決勝で敗退した順位戦を勝ち上がったチームとの対戦となりましたが、準決勝で敗退した悪い流れを断ち切ることはできず、何とか切り替えてとはするも最後に精彩を欠くプレイとなり敗退、今のチームの「弱い」部分を路程する結果となり、最終戦も悪い内容で終わらせる結果となりなりました・・・
確実に選手達も全国で戦える力がついてきたことは実感できたと思います。しかし、ここから勝ち抜いていくために、身につけた力を安定して発揮することや、大事な後半で自分がやるべきプレイをしぶとくやり続ける粘り強さなど、プレイ面や気持ちの面でも「強さ」を身につけなくてはいけないことも更に実感できたと思います。
まずは3月の全国選抜大会へ向けて今大会の課題に対してどう変わっていくか期待したいと思います。

今大会は強烈な寒波の中での大会となりました。雪などで大変な時間もありましたが、運営等でご尽力くださったなった先生方、遠方より応援に足を運ばれた保護者の方々への感謝も忘れずこれからも頑張っていきたいと思います。
| ridaifutennis | - | 23:55 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

bolg index このページの先頭へ