blog index
中国ジュニアテニス選手権大会
中国ジュニアテニス選手権大会
(全日本ジュニアテニス選手権大会中国予選)
日時:7月16〜20日
会場:松江総合運動公園・安来運動公園

全日本ジュニアテニス選手権大会の出場をかけた中国ジュニアテニス選手権大会が開催されました。
日本のジュニアテニスの最高峰の大会である全日本ジュニアへ出場をかけ、出場選手の熱い気持ちがぶつかり合う熱戦が繰り広げられました!!
    
本校出場選手の主な結果
U18男子シングルス
準優勝 橋田 涼平(健康スポーツ3年)
    
これまでの中国ジュニア大会で4大会で準優勝、3年生最後の中国ジュニアで念願のタイトルへ!その思いをうちに秘めて決勝に臨んだ橋田でしたが、フルセットの末に、またもや準優勝で終わってしまいました。
しかし、決勝までは相手のミスを誘うなど安定感あるプレイで勝ち進みました。決勝では攻撃リズムの良い相手に対して1セット目は圧倒されましたが、2セット目以降からジワジワと自分のペースへと持ち込みました。3セット目も流れを持ってはいました、大事なポイントでも積極的に攻めようと試みてもいましたが、そういう所での痛恨のミスが響いた結果となってしまいました。
しかし、インターハイの個人戦出場を逃し、全日本ジュニアへの出場にかけていた橋田はしっかり全国への切符を手にしました

ベスト8
藤井 悠人(スポーツサイエンス2年) ・ 安藤百次郎(健康スポーツ3年)
    
今大会第1シードで臨んだ藤井でしたが、豪雨の中での準々決勝で、天候の影響もありましたが、勝ちへの重圧から自分自身のプレイを見失ってしまった結果となりました。この結果を受け止め、自分自身の弱さを痛感し、今後の自らの成長への糧にしてもらいたいです。
そして、繰り上がりで出場を果たした安藤、中国ジュニアは初めての出場となりました。2回戦で同校の毛利を倒す躍進を見せ上位進出を果たしました。昇り調子の安藤、今後も楽しみです。

U18男子ダブルス
優 勝 橋田涼平藤井悠人
    
決勝までは自力を発揮し勢いに乗って勝ち進みました。決勝戦では、激闘を制して勝ち上がり勢いにのる同校の桑原・安藤に対し、ファイナルセットの10Pタイブレークへと持ち込まれましたが、最後は自力で勝り、中国ジュニアの初タイトルと全日本ジュニア出場を手にしました!!

準優勝 桑原 樹安藤百次郎
         
県予選では5位とギリギリでの今大会への出場でしたが、準々決勝では、県予選で負けたペアとの激戦を制し、続く全日本ジュニアの出場枠をかけた準決勝では、同校の池畠・岩本と対戦、ファイナルセットの10Pタイブレークでの大逆転勝利、決勝戦もファイナルセットももつれ込ます粘り強さで全日本ジュニアの切符を手にしました。
予選で敗退しましたが、粘りに粘って少ない運を味方につけ駆け上がりました!!安藤は初めての中国ジュニアで初めての全日本ジュニアへ(奇跡?)、桑原もこの2年間、あと1歩で出場を逃し続けて悲願の出場となりました!
   
ベスト4 池畠大生岩本尚起(健康スポーツ3年)
    
県予選を優勝した勢いをそのままに準決勝まで快進撃を続けました。本人達も自信を持ってプレイをしていました。全日本ジュニアの切符をかけた準決勝、1セット目もその勢いで先取、2人の気持ちの中に「いける!」という強気さもありました。しかし、気持ちが出過ぎたか、プレイが単調になった所を相手ペアに冷静に対処されファイナルのタイブレークへ、ここでもリードしていきましたが、終盤に落とし穴が待っていました。勝ちを意識しすぎた故の失敗...つかみかけたものが手からすり抜けました。2人にとってはあまりにショックの大きい敗戦となりましたが、今後へ向けて乗り越えてもらいたいです。

U16男子シングルス
ベスト8 小野 隼征(スポーツサイエンス2年)
    
中国ジュニアは初出場の小野が躍進しました。力をつけてきたストロークで上位選手たちに立ち向かっていきました。ここ最近の大会では上位選手にはあと一歩のところでなかなか勝ちきることができませんでしたが、今大会では上位シード選手を破ってのベスト8進出は自信になったと思います。また順位決定戦でも、これまで格上だった選手達と対戦しましたが、1セットは圧倒されても2セットは接戦に持ち込むなど、粘り強さもしっかり身に付いてきました。

上位への進出を逃した選手達も奮闘しました。
    
あと一歩が届かす涙した試合、強い選手との対戦で何かを得た試合など、全国へ向けての色んな思いが交差する今大会、今年も様々なドラマがありました。こうした経験を今後に生かして欲しいものです。
また、全日本ジュニアへ出場を決めた選手は、ここで夢が叶わず涙した選手分も、思う存分に全国の舞台で戦ってもらいたいと思います!!
夏が始まりました、インターハイも間近となりました!インターハイから全日本ジュニアと熱い夏を迎えたいと思います
| ridaifutennis | - | 23:15 | comments(0) | - |
全日本ジュニア選抜室内 県予選
全日本ジュニア選抜室内テニス選手権大会 岡山県予選
日時:7月6日(土)7日(日)
会場:備前市総合運動公園テニスセンター

全日本ジュニア室内選抜の県予選が開催されました、今大会の上位進出者が9月に行われる中国予選へコマを進められます。
全国大会が冬期に開催されるため、3年生は今大会にはほぼ出場しませんので、1,2年生の今後の戦いへの展望にもなる大会となります。

【本校選手の主な成績】

優 勝  藤井 悠人(スポーツサイエンス2年)
ベスト4 井戸垣一志(スポーツサイエンス2年)
ベスト8 山口 巧(スポーツサイエンス2年)

3年生の抜けた大会でしたが、上位にしっかり進出し活躍できました。また、上位を逃した選手達も存在感は出していけたと思います。試合内容はまだまだ足りないことが多いですが、今夏の鍛錬でしっかり力をつけ、今秋からの新チームのスタートへ準備をしていってもらいたいと思います
| ridaifutennis | - | 23:08 | comments(0) | - |
中国高等学校テニス選手権大会
中国高等学校テニス選手権大会
日時:6月15日(土)〜17日(月)
会場:尾道びんご総合運動公園

中国各県の総体での、上位校、選手が出場する中国高等学校テニス選手権大会が開催されました。

インターハイの出場を決めた高校、選手を含めた各県の上位選手での熱い試合が繰り広げられました!
    
【本校の主な結果】
団体戦
岡山県の優勝校として、中国地区での優勝を目指して万全な準備で臨みました!

大会初日には激しい雷雨のため、中断、待機が長く2回戦からの本校は、朝の来場から、初戦の試合に入ったのが、17時を過ぎと、長丁場でしたが、選手達のその時間も、しっかしと初戦の準備をしていました。試合へ対する取り組みも良くなったと思います。
    
順調に勝ち進んだ決勝戦は、岡山県勢同士の決勝、しかも県大会の決勝と同じ伝統の一戦となりました。
    
大会初日の雨天の影響で、全試合が1セットマッチに変更になってため、短期勝負として、序盤からしっかり集中していきました。県予選決勝と同じオーダーで挑んだ本校でしたが、それぞれがしっかり役割を果たしました。
ダブルスは、流れをつかんでは、自分たちでそれ断ち切るリードしたら追いつかれの展開で5−5までもつれましたが、同時進行のシングルス1,2ともに流れを掴むと一気に6−2と勝負を決め、2−0と勝利し、優勝を決めました。

昨年度は手放した優勝カップを今年は手にしました

個人戦
    
<シングルス>
優勝 藤井 悠人(スポーツサイエンス2年)
ベスト4 橋田 涼平(健康スポーツ3年)
ベスト8 桑原 樹(健康スポーツ3年)
<ダブルス>
優勝 橋田 涼平藤井 悠人
2位 桑原 樹毛利 海朗
ベスト8 池畠 大生岩本 尚起(健康スポーツ3年)
    
藤井が団体戦を含め3冠を達成しました。本校としては一昨年前まで数年続いてた全種目制覇を再び達成することができました

ダブルスも同校同士での決勝になるなど、多数の選手が上位へ進出し活躍することができました。
この勢いでインターハイへ挑んでいきたいと思います!!
| ridaifutennis | - | 23:46 | comments(0) | - |
インターハイ岡山県予選 【個人戦】
全国高等学校総合体育大会 岡山県予選(個人戦)
日時:(予選)5月25日(土)26日(日)
   (本戦)6月 8日(土) 9日(日)
会場:備前総合運動公園テニスセンター

インターハイ個人戦への出場をかけた岡山県予選が行われました。
個人戦は、予選・本戦方式で行われ、本戦は「8ドロー」で、すでに2名は本戦インとなっていますので、予選から勝ち上がれるのは6名と狭き門であり、本戦へ上がるのも、し烈な戦いとなります。
また、本戦のシングルスのベスト8以上、ダブルスのベスト4以上が次の中国高校大会へ出場することができます。

【予選】
6ブロックに分かれてのトーナメントですが、ブロック内に強敵がひしめき合い一戦一戦が大事になる試合となってきます。
    
本校のどの選手も日頃の成果を存分に発揮していきました。早いラウンドでの同校対戦もありましたが、しっかり勝ち進んでいきました。やはり、3年生は高校テニスの集大成として一段と燃えていました!!
    
高校から地道にめきめきと力をつけてきた3年生も上位ラウンドへ進み熱い戦いを繰り広げました。中でも高校からテニスを始めた小川と水河も2年間の成長を存分に発揮し勝ち進み、その他の3年生もこれまで自分よりも上位だった選手を破り本戦へコマを進めていきました。
    
結果的に本戦は、男子はシングルス5名、ダブルス4ペア、女子はシングルス1名、ダブルス1ペアが進出しました。

【本戦結果】
男子シングルス
2位 藤井 悠人(スポーツサイエンス2年)
3位 池畠 大生(健康スポーツ3年) 4位 橋田 涼平(健康スポーツ3年)
ベスト8 桑原 樹毛利 海朗(健康スポーツ3年)

男子ダブルス
優勝 桑原 樹毛利 海朗(健康スポーツ3年)
2位 橋田 涼平藤井 悠人  3位 池畠 大生岩本 尚起(健康スポーツ3年)
ベスト8 小川 隼人(健康スポーツ3年)・井戸垣 一志(スポーツサイエンス2年)

女子シングルス
ベスト8 角南 瑠衣(スポーツサイエンス2年)
女子ダブルス
ベスト8 角南 瑠衣藤原 加那(教育2年)


男子は、シングルスの1位を逃しましたが、それ以外は上位を独占することができました。特に3年生達の活躍が光りました!これまで負けていた選手にも勝つことができたり、これまでの最高順位をあげた選手もいました。これまでの経験から学び、厳しい練習を乗り越え、今持てる自分達の底力を存分に発揮した大会となりました。そして、何よりこれが本校の強みだというテニスをしてくれたと思います。
女子も2名の部員でよく頑張っています。しっかり本戦で戦えています。これからの成長に期待です。
厳しい予選を、しっかり戦い抜きました。悔しい結果に終わった選手の分も、団体戦も含め、インターハイの出場権を得た選手達は、今の力を更に伸ばして、夏に向かってもらいたいです。
| ridaifutennis | - | 23:56 | comments(0) | - |
インターハイ岡山県予選 【団体戦】
全国総合体育大会 岡山県予選 (団体戦)
日時:6月1日(土)2日(日)
会場:備前市総合運動公園テニスセンター

夏へ向けた熱い戦い!
3年生にとっては高校最後の夏、学校対抗の意地とプライドをかけた団体戦が幕を開けました
(インターハイ団体 ダブルス1試合+シングルス2試合=3ポイント制)

本校にとっては5連覇にも挑む大会でもありました。
今大会は第2シードとして臨んだ本校は決勝まで順調に勝ち進み、向かえた決勝戦は、今年もライバル校との「伝統の一戦」となりました!!


ダブルス
    
桑原樹毛利海朗の3年生ペアを起用しました。ダブルスでは絶対的な存在のペアでしたが、この試合では、序盤に流れをつくってからが単調なゲーム展開となってしまい、主導権を握れず大苦戦に...1セット目を落とし、2セット目も後半に粘りを見せ猛追しましたが一歩届かずダブルスを先取されました...。

シングルス
同時進行で行われいたシングルスの2試合
    
No1藤井悠人、No2橋田涼平ともに1セットを先取する上々な立ち上がりでしたが、ダブルス敗戦の流れの影響??か、ともに2セット目を落とし2試合ともファイナルセットへ・・・

まず、No2橋田が接戦を制して1−1としました勝敗の行方はNo1シングルス勝負となりました。

壮絶な攻防戦、相手選手の体力消耗でジワジワと藤井のペースへ、そしてそのまま勝ちきり本校の5連覇を決めました!!

大接戦となった決勝戦では、日頃からの鍛錬の成果、泥臭ささとしぶとさ、そして、応援の選手達の熱い想いもコート内に響き、チーム全員で戦い抜く本校らしい戦いができました
今大会も応援してくださった保護者を始め、多くのOBも会場に足を運んで頂きました。チーム理大で勝ち取ったインターハイへの切符だと思います。
ここで、満足はありません。春の全国選抜では悔しい涙を流しました。夏の本番では、自分たちの力を存分に発揮したいと思います。そして、まだまだ力を伸ばしていきたいと思います!
| ridaifutennis | - | 23:44 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

bolg index このページの先頭へ